その他

ZOOMでオンライン読書会!あなたに合った読書会の選び方を公開

「自粛期間中に読書を始めたのだけど、そろそろ飽きてきた。」
「オンライン読書会に参加しようと思ったけど数が多すぎる!」

始めまして。オンラインでZOOM読書会を開催している長谷川と申します。
私は「ライフシフトサロン-SNS時代のリアルな居場所」として、10年続く読書会の運営に携わり、2020年4月コロナショックに合わせてオンラインでZOOM読書会の開催を始めました。
そして気づいたのは、現在オンラインで開催しているZOOM読書会がとてもたくさんあるということです。

当記事を読まれているあなたは、恐らくオンライン開催のZOOM読書会に興味があるけど、数が多すぎてどれに参加すればよいかわからないという悩みをもって当記事にたどり着いたのだと思います。

そこで、10年以上読書会の運営に携わっている筆者が、あなたがぴったりの読書会に出会えるための読書会を選ぶ基準について解説をするとともに、おすすめの読書会をご紹介していきます。
当記事があなたの読書会選びにお役立ち頂ければ幸いです。

余談ですが、私は「SNS時代のリアルな居場所」をコンセプトにZOOM読書会を開催しています。ご興味のある方はぜひ下記より開催日程を確認いただけると嬉しいです。

ZOOM読書会を選ぶポイント①:目的で選ぶ

あなたはなぜ読書会に参加しようと思ったのでしょうか?
ZOOM読書会を選ぶ1つ目のポイントは目的に合った読書会を選ぶということです。
ZOOM読書会のメリットは、どこからでも気軽に参加できるということです。
大阪に住んでいながら東京の読書会に参加することもできますし、その逆もしかりです。
ですので、あなたがなぜ読書会に参加しようと思ったのか。その目的からぴったりのZOOM読書会を選ぶことをお勧めします。

目的①アウトプットの場が欲しい

神戸大阪朝活読書会 – 読書をもっと、おもしろく –

『読書を、もっとおもしろく。』
NewsPicksやKindle Unlimitedなどの、ソーシャルメディア感度の高い20代、30代が集まり情報交換をしています。
本の学びを結果に変える「アウトプット」とあなたの働き方の「アプデート」をお手伝いする、神戸大阪朝活読書会『Output & Update』です。

(神戸大阪朝活読書会より引用)

読書会に参加する1番の目的は、読書でインプットした知識をアウトプットするためではないでしょうか。
そんなあなたにぴったりなのが、「神戸大阪朝活読書会」です。

神戸大阪朝活読書会は、NewsPicksを読む情報感度の高いビジネスパーソンが集まる読書コミュニティとして大阪を拠点に開催しています。
20代30代の社会人を中心に情報交換や社会人の学び直しをしています。

東京と違って大阪はコミュニティの数が少ないからこそ、かえって1つのコミュニティに同じ目的を持った仲間が集まりやすいのかもしれません。
東京在住の方も、オンラインだからこそ、参加できるおすすめの読書会です。

目的②コミュニティが欲しい

ライフシフトサロン – SNS時代のリアルな居場所を

20代、30代の生き方・働き方でつながる読書会コミュニティ
関西で一番最初に始めたライフシフト 大阪読書会を
大阪、京都、神戸のカフェで開催しています。
オンラインサロンでも書店やブックカフェでもない
『SNS時代のリアルな居場所を。』

(ライフシフトサロンより引用)

コミュニティを探しているあなたには、ぜひ私が開催している「ライフシフトサロン」をお勧めします。
”SNS時代のリアルの居場所を”をコンセプトにした、人と人とがつながることを大切にした読書コミュニティです。

オンラインサロンやオンラインゲームなど、インターネットの登場により人と人とが簡単に繋がれる時代になりました。
同じ価値観を持った仲間とつながりやすくなった半面、かえってSNS疲れや疎外感を助長している側面があると感じています。

みんな居場所がないSNS時代に”孤独”を感じているあなたにぜひ参加してほしいコミュニティです。

目的③英語を話したい

TIME(10 Virtual Book Clubs You Can Join Now—And How to Start Your Own)

Here are some of the most notable book clubs that will continue to offer online events going forward. Meanwhile, TIME books editor Lucy Feldman offers some tips about how to start your own community around reading.

(TIMEより引用)

英語に自信のある方は、ぜひ海外の読書会に参加してみてはいかがでしょう。
オンラインで参加できるZOOM読書会の最大のメリットを活かせば、低予算で簡単に海外の人たちとつながるチャンスです。
ここでは、アメリカのニュース雑誌TIMEで紹介された10のZOOM読書会を紹介します。あなたの英語力を試すチャレンジをぜひ!

ZOOM読書会を選ぶポイント②:参加者の年齢層で選ぶ

オンラインで読書会を選ぶ2つ目のポイントはあなたに合った年齢層が集まる読書会を選ぶということです。
ここでは年代別におすすめのZOOM読書会をまとめてみました。
自分とは違う世代の方と交流したいのであれば、それもあり、カモ??

大学生向けの読書会

ガクサー – 全国の学生団体・サークルが集まるサイト –

4月16日の20時から2時間にわたり読書会をしました。参加者は私を含め4人となりました。1人2冊ずつ紹介していき、世知辛い情勢を忘れられるそんな会でした。ビデオ通話アプリzoomを利用してやりました。以下紹介された本です。初めて3人以上で読書会をしました。2時間があっという間でした。

(ガクサーより引用)

学生の方におすすめしたいのが、「ガクサー」で紹介されている読書会です。
恐らく多くの大学生の方は自分の大学や近隣の大学のサークルや学生団体に所属する方が大半だと思います。
外出禁止の今だからこそ、オンラインでつながるZOOM読書会は遠方の大学生と知り合うチャンスかもしれません。

20代が集まる読書会

25歳の語り場 – 30歳の私、想像できますか? –

社会人3年目、25歳になったあなたへ。
ちょっと想像してみてください。
今から5年後、あなたが30歳になったとき、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と
今の自分が違っていたら、きっと30歳のあなたも
想像した自分と違っているかもしれません。

(25歳の語り場より引用)

20代の社会人におすすめしたいのが「25歳の語り場」です。
30歳の女性が主催している、参加者同士の対話を重視したZOOM読書会です。

主催者が25歳の時、「とりあえず3年は会社を辞めない」と頑張ったけれど、その先の将来が描けず不安を持っていたそうです。
そして、1000万円の貯金をしたり、本を100冊読んだりしたけども一向に人生が好転する様子がなかった。

そういった悩みを抜け出した、人生の転機は「人との対話」
当時の自分と同じ悩みを持った20代の社会人の力になりたいとの思いからZOOM読書会を開催しています。

30代が集まる読書会

神戸大阪朝活読書会 – 読書をもっと、おもしろく –

先ほどもご紹介した、「神戸大阪朝活読書会」は30代のキャリアアップを目指すビジネスパーソンにおすすめのZOOM読書会です。
サラリーマンだけでなく、インスタグラマーやユーチューバーなどのインフルエンサー、フリーランスSEにアフィリエイターなどギグワーカー、医師や看護師などの資格保有者など、様々な経歴の方が集まります。

異業種交流会の様な名刺交換や営業などを禁止することで、純粋に読書会を楽しめるような配慮をしています。
社外の同年代の人との交流を通じて、ご自身のキャリアプランを設計してみてはいかがでしょう?

40代以上が集まる読書会

幻冬舎大学 – 大人のためのカルチャー講座 –

幻冬舎の豪華執筆陣が送る、「人生100年時代」を生きる、大人のためのカルチャー講座。
著者を講師に招いた贅沢な読書会や、大人気の試食付の薬膳講座まで、幅広い知的好奇心にこたえる講座をそろえています。

(幻冬舎大学より引用)

趣味や教養を身に着けたい方には、「幻冬舎大学」がおすすめです。
幻冬舎が新刊の出版イベントとして開催している読書会だけでなく、様々なカルチャーイベントを開催しています。
幻冬舎が主催ということもあり、参加者層は高めですが、教養を身に着けたい20代30代の方も参加してみると面白いかもしれません。

ZOOM読書会を選ぶポイント③:開催規模で選ぶ

100人規模の読書会

NewsPicksパブリッシング -希望を灯そう。-

希望を灯そう。
「失われた30年」に、
失われたのは「希望」でした。

今の暮らしは、悪くない。
ただもう、未来に期待はできない。
そんなうっすらとした無力感が、私たちを覆っています。
なぜか。
前の時代に生まれたシステムや価値観を、今も捨てられずに握りしめているからです。

こんな時代に立ち上がる出版社として、私たちがすべきこと。
それは「既存のシステムの中で勝ち抜くノウハウ」を発信することではありません。
錆びついたシステムは手放して、新たなシステムを試行する。
限られた椅子を奪い合うのではなく、新たな椅子を作り出す。
そんな姿勢で現実に立ち向かう人たちの言葉を私たちは「希望」と呼び、その発信源となることをここに宣言します。

もっともらしい分析も、他人事のような評論も、もう聞き飽きました。
この困難な時代に、したたかに希望を実現していくことこそ、最高の娯楽です。
私たちはそう考える著者や読者のハブとなり、時代にうねりを生み出していきます。

希望の灯を掲げましょう。
1冊の本がその種火となったなら、これほど嬉しいことはありません。

(NewsPicksパブリッシングより引用)

100人規模の大人数の読書会への参加を希望する方は「NewsPicksパブリッシング」がおすすめです。
NewsPicks出版の本を題材にして著者とつながる大規模な読書会イベントです。
現在は開催を終了していますが、新刊の発行に合わせて読書会の開催が予想されます。
今後の企画に期待が膨らみます!

NewsPicksでは、コロナの自粛規制にあわせて、特別企画として10日間連続でZOOM読書会を開催していました。
読書会自体はすでに終了してしまいましたが、ご興味のある方は、Yutubeの動画が上がっていますので、そちらをご確認ください。

【特別企画】#本で繋がろう。10日連続でオンライン読書会を開催

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す