働き方

まとめ・要約|考え方-人生・仕事の結果が変わる|稲盛和夫|読書会で紹介された本一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

考え方-人生・仕事の結果が変わる

(このページは2018年10月3日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

素晴らしい人生をもたらす羅針盤

  • 稲盛和夫氏は仕事に追われ、仕事を追いかけた人生を振返り「なんと幸せな人生だろう」と思う。
  • それは、どんな境遇でも「人間として正しい事を正しいままに貫く」事を意識し、実践し続けてきた事がもたらしてくれたと感じている。
  • 人生で思いもよらない生涯に遭遇した時、どの方向に進むかの判断は、自分の「考え方」による。
  • 常日頃から自分を正しい方向に導く考え方を実践する事で、素晴らしい人生への道を示す羅針盤となる。

「考え方」が人生や仕事の結果を左右する

  • 「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」の人生の方程式が人生を決める。
  • 「能力」、「熱意」は0点から100点に対して、「考え方」は-100点から100点までの触れ幅があり、人生を最も大きく左右するものである。
  • 「考え方」は、その人の思想、哲学、理念、信念を総称したものであり、人生で最も重要なものである。

人間としてあるべき姿、原点に立ち返る

  • 日本航空の再建では、先述の人生の方程式がとても重要な役割をはたした。
  • 「人間として何が正しいのか」という判断基準を幹部社員に徹底的に教育しゃした。
  • しかし、高学歴の幹部社員の中には反発新を持つものも少なからずおり、傲慢な態度のものもいた。
  • 幹部社員の意識改革を続ける事で、次第に心を動かされる人が出てきて、その波紋が一気に広がっていった。
  • 次の段階で、最前線の現場職員にもこの考えを浸透させようと、受付、キャビンアテンダント、整備士などに直接説いてまわった。
  • 現場社員へ「人間として何が正しいのか」が浸透するにつれて、行動変化が起こり、業績が飛躍的に向上した。

良い考え方と悪い考え方

  • 以前の日本航空は官僚的な組織体質によって、才覚だけの人間がで業を牛耳っていた為、組織全体が「人として大切な事」をおざなりにし、お客様を大切に出来ていなかった。
  • 才能を使うのは「心」であり、「才に溺れる」人は必ず失敗する。
  • 人間として正しい考え方をもち、「心を高める」事に努めることが重要である。

プラスの考え方

  • 「プラスの考え方」とは、倫理観そのものであり、正義、努力、謙虚、正直、博愛などがそうである。
  • 自分の人生を素晴らしいものにしたいなら、人生で直面する事に対してプラスの考え方で行動する事である。

「できると信じる」ことで人生は開けていく

  • 成功を収める為には、「こんな人生を歩みたい」という願望を持つことである。
  • 自分の可能性を信じ、実現を強く望むと、必ず実現する。
  • 強く望むとは、常にその願望をすさまじい気迫で考え、潜在意識にまで浸透させる事である。
  • 「新しき計画の成就はただ不屈不撓の一心にあり。さらばひたむきにただ想え、気高く、強く、一筋に」とは思想家、中村天風氏の言葉である。
  • これは、どんな困難が立ちはだかろうとも、一心不乱に思い続けることが重要であると言う意味である。

今日1日に全力を傾注し、常に創造的な仕事をする

  • 「京セラは世界的視野にたって世界の京セラへ前進する」と稲盛和夫氏は京セラが従業員100人未満の事から言っていた。
  • 自ら大きな目標を設定し、そこにエネルギーを投下することで偉大な事を成し遂げられる。
  • しかし実際には、1日1日を懸命に生きる事が重要である。
  • 今日1日を一生懸命に生きれば明日が見え、明日を懸命に生きれば1週間が見え、1週間を懸命に生きれば1ヶ月が見えてくる。
  • その瞬間瞬間に全力を傾注する事、1日1日の積み重ねが偉大な目標を達成するのである。
  • しかし、目の前の仕事は地味であるため、「創意工夫をする」。それが、偉大な進歩発展をもたらしてくれる。

心を純粋にする努力を不断に続ける

  • 人間には本来、「良心」という、思いやりに満ち、他人の為に尽くす事を喜びとする美しい心が備わっている。
  • 「心を高めなければならない」と言う思いをもつ事が重要であるが、煩悩や欲にまみれてなかなか上手くいかない。
  • 「あなたの心はどれほど浄められていますか」と自分に問い、少なくとも今よりは人間が悪くならないように努める。
  • 「お前はどうか」と自問し、少しでも心を高める事こそ人生である。
  • 稲盛和夫氏は毎日起床時と就寝前に「人に不愉快な思いをさせなかったか」「傲慢な振る舞いなかったか」を自問し、自らの態度を相手に謝罪したいと言う素直な気持ちと、至らない自分について許しを請いたいと言う贖罪お思いに駆られている。
  • 反省する事で自らを戒める事で、人間本来がもっている美しい心が現れてくる。

人格を高め、維持する

  • リーダーの素質には「才覚」と「努力」がある。
  • しかしながら、「才覚」と「努力」だけでは、彗星ように登場し、やがて消え去っていく経営者になってしまう。
  • 人並みはずれた「才覚」と「努力」を持った人ほど、「人格」によってその力をコントロールする必要がある。
  • 「人格」とは生まれ持った「性格」と人生で身につけた「哲学」から成り立っている。
  • 誰しも、生まれ持った「性格」が完全なわけではないから、後天的に素晴らしい「哲学」を身につけ、「人格」を高める必要がある。
  • 素晴らしい「哲学」とは、歴史の風雪に耐え、人類が長く継承してきた聖人や賢人の教えである。
  • そうした哲学を繰り返し学び、理性ではなく腹の底に落とし込むことで、「第2の人格」を作り上げる事ができる。

人生をより良い方向に導く「利他の心」

  • 人生とは、他人に決められるものではなく、自分自身で決めるものである。
  • 日々、何を思い、何を行うかによって、全てが決まる。
  • 人生を良くするのは、常に謙虚で、奢らず、誰にも負けない努力を重ね、世の為人の為に尽くそうとする「利他の心」である。
  • 「相手が喜んでくれた」「役に立つ事ができた」ことを自分の最上の喜びとする精神に到達できたとき、人間として本当の幸せを感じることが出来る。
  • 天の助けを得て、自分の成功も収められる。仏教の「自利利他」の精神である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS時代のリアルな居場所を。

あなたの思いを共有してみませんか?

「学生時代に世界中をバックパックしたし、ワーキングホリデーもした。けれども今は日本で働いていて、たまに海外旅行に行くだけの何となく過ごしている毎日。」
(20代前半、女性、貿易事務)

「ビジネス書をいっぱい読んでるし、News Picksの記事も毎日チェックしている。とりあえず3年が過ぎて転職もしたけど、人生の方向性が見えない。」
(20代後半、男性、営業職)

ライフシフトサロンには、誰もがかかえる漠然とした不安や不満をもった参加者が集まり、同じ価値観を共有したり、働き方や生き方を変えるために動き始めたりしています。

参加を申し込む

コメントを残す

*