働き方

人生・仕事に悩む社会人の必読本!?『働き方の哲学』まとめ・要約|仕事編|読書会で紹介された本一覧

働き方の哲学

村山 昇

(このページは2018年10月8日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

働き方の哲学

この世に事実はない。あるのは解釈だけだ。 ニーチェ

何を幸福と考え、何を不幸と考えるか。その考え方が幸不幸の分かれ目なのである。 カーネギー

私たちは長い職業人生で様々な出来事と遭遇します。

なぜ働くのか?どう働くのか?

「仕事」「キャリア」「成長」「リーダシップ」「自己実現」「社会」「メンタル」…。

2018年3月25日に出版された、村山昇著 『働き方の哲学』 はそんなあなたの悩みについてのヒントが書かれております。

私自身もとても参考になった本でしたので、『働き方の哲学』 をシリーズとしてその要約をお届けしていきます。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

人生の時間・空間の大半を占める活動

人生100年時代、25歳から85歳の60年を仕事に捧げる。

  • 1日8時間×60年=125,000時間を仕事に捧げる。(週5日勤務と仮定)
  • 通勤時間、昼食時間などをふまえると、平日の5~7割を仕事が占有している。
  • 本書では、35年の勤労として、62,440時間の仕事を一生で行うと仮定しているが、私たちの世代では、85歳まで働く必要がある為、約125,000時間を勤労に費やす必要がある。
  • また、時間だけでなく、空間としての居場所も同様である。

仕事が人生を所有する

  • 人間関係も仕事が大半を占め、それは家庭よりも共有する時間が長い。
  • 思考、頭の中も仕事が大半を占め、休日、旅行、デート中でも仕事が頭をよぎる。
  • 仕事が上手くいけば、人生を楽しめるが、上手く行かないと仕事以外にも悪影響がある。
  • 現代にとって、仕事は人生の「最大級の所有者」になっている。

「作業」としての仕事、「使命」としての仕事

「仕事」の概念

  • 「仕事」と言う言葉は、幅広い意味で使われている。
  • 仕事の長さ、仕事の動機の質で分類をすると、「作業」から「生業」、「作品」「夢・希望・志」「ライフワーク」など様々な仕事がある。

仕事の質

  • しょうがなくやる仕事からやりがいをもってやる仕事まで、千差万別ある。
  • 英語では、「work(仕事)」「task(任務)」「job(業務)」「labor(骨の折れる仕事)」「occupation(生業)」「calling vocation(天職)」など、様々な表現がある。

3人のレンガ積み

  • 外見上同じ仕事であったとしても、内面の意識によって仕事は全く別物になる。
  • 「3人のレンガ積み」の寓話は、同じ仕事でも、「レンガを積む行為(作業)」「お金を稼ぐ手段(稼業)」「大聖堂を作る(使命)」と捉え方はさまざまである。

価値創造としての仕事

「before→after」で作り出す価値

  • 仕事は「それをやる前に比べ、何らかの価値を創造した行為」と捉える事ができる。
  • 価値創造には、①増減「A→±A」、②変形・変質「A→B」、③創出「0→1」の3種類がある。
  • 人によって上記の3種類の得意・不得意があり、自分の得意は伸ばし、不得意はチームでカバーする事がよい。

流れとしての仕事

仕事は一人では出来ない

  • 仕事には、「インプット→価値創造→アウトプット」の流れがあり、その流れの中には多くの人の関わりがある。
  • 他者のアウトプットが自分のインプットとなり、自分のアウトプットが他者のインプットとなり仕事の流れが続いていく。
  • 私たちの仕事は、脈々と流れる連鎖の中の一滴であり、世界は無数の個が無限様に成す「インプット→価値創造→アウトプット」の連鎖である。

巨人の肩に乗る

  • 「私が人より遠くを眺められたとすれば、それは巨人の肩に乗ったからである」というニュートンの言葉がある。
  • この言葉には、自分の成果は、過去の人々の成果の上に築かれているという感謝と経緯の念がある。

表現としての仕事

私たちは「表現」を売って生きている。

  • 人間を「ホモ・サピエンス(知恵のある人)」ではなく、「ホモ・エクスプレシオ(表現する人)」と規定しても良いほど、表現は人間の本質的活動である。
  • 「表現」は「能力」と「想い」の掛け合わせであり、働く人の創造的行為・創造物で仕事は成り立っている。
  • その表現は「働き・作用」を外の世界に及ぼし、便益、進歩、感動などの成果に対して報酬(お金)が支払われる。
  • しかし、表現の全てがお金になるわけではなく、買ってくれる相手の要求に合わせた表現である「成果」によって報酬が支払われる。

建設としての仕事

30年越しにベートヴェンが完成させた第九「歓喜の歌」

  • ドイツの大詩人シラーの作品「歓喜に寄せて」に出会ったベートーヴェンはその詩に旋律をつけたいと思いつく。
  • 巨人シラーの詩に自分自身の器が追いついていなかったベートーヴェンは難聴の困難を乗り越え30年の歳月をかけてついに「歓喜の歌」を書き上げた。
  • 私たちの仕事は、1年単位、四半期単位、週単位、1日単位と細分化され、スピードと効率な処理が求められるようになった。
  • しかし、その対極の「長い時間×忍耐×創造性」によってのみ成しえる建設的な仕事がある。

ライフワークのテーマを見つける

  • 私が13歳のとき、宗教の素晴らしい先生がいた。教室の中を歩きながら、「何によって覚えられたいかね」と聞いた。誰も答えられなかった。先生は笑いながらこういった。「今答えられるとは思わない。でも50歳になっても答えられなければ、人生を無駄にした事になるよ」(ピーター。ドラッガー「プロフェッショナルの条件」)
  • 何も残さずには死んでしまいたくないとの希望が起こってくる。何を置いて逝こう、金か、事業か、思想か。誰にでも遺すことのできる最大遺物、それは勇ましい高尚なる生涯であると思います。(内村鑑三「後世への最大遺物」)

機会としての仕事

単純作業が「おもてなし」に変わる

  • 仕事は心の捉え方ひとつでまったく違ったものになる。
  • 「生活の糧」と思えば忍耐労働になるし、「チャンス」と捉えると、成長機会、感動機会、触発機会、学習機会、貢献機会、財成機会になる。
  • 遠藤功著『新幹線お掃除の天使たち』はでは、新幹線車両が始発駅ホームに留まる7分間に、清掃員たちがプロ精神をもって単純作業を「おもてなし仕事」に変えた話が書かれている。
  • 「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。」との言葉が示す、豊臣秀吉のエピソードが示すとおり、どんな仕事の中にも様々な機会の芽がある。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す