働き方

人生・仕事に悩む社会人の必読本!?『働き方の哲学』まとめ・要約|結果とプロセス編|読書会で紹介された本一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方の哲学

村山 昇

(このページは2018年10月23日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

働き方の哲学

この世に事実はない。あるのは解釈だけだ。 ニーチェ

何を幸福と考え、何を不幸と考えるか。その考え方が幸不幸の分かれ目なのである。 カーネギー

私たちは長い職業人生で様々な出来事と遭遇します。

なぜ働くのか?どう働くのか?

「仕事」「キャリア」「成長」「リーダシップ」「自己実現」「社会」「メンタル」…。

2018年3月25日に出版された、村山昇著 『働き方の哲学』 はそんなあなたの悩みについてのヒントが書かれております。

私自身もとても参考になった本でしたので、『働き方の哲学』 をシリーズとしてその要約をお届けしていきます。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

守・破・離

枠の中で秀でる「守」

  • 師からの教えを忠実に学び、型や作法、知識の基本を習得する第1段階。
  • 経験を積み、「自立」の完成を目指す「優秀者」。

枠を変える「破」

  • 鍛錬と経験を重ね、師の教えを土台としながらも、それを打ち破るような自分なりの技を求める第2段階。
  • 既存の考え方・やり方に対して積極的に改善提案が出来き、実行できる「自立」の成熟にいたる「変革者」

新しい枠を作る「離」

  • これまで教わった型や知識に一切とらわれることなく、思うがまま至芸の境地を会得する第3段階。
  • 自分の世界観で仕事・事業を作り出せる職業人。「自導」の会得をいた「創造者」

怠惰な多忙

時間管理のマトリクス

  • 緊急度と重要度でマトリクスを作成すると、以下4つに分けられる。
    1. 「重要」かつ「緊急」な第1領域
    2. 「重要」だが「緊急でない」第2領域
    3. 「重要でない」が「緊急」な第3領域
    4. 「重要でなく」「緊急でない」第4領域
  • これは、7つの習慣の著者スティーブン・R・コヴィーが提言するものであり、いかに第2領域を増やすかで人生は決まる。
  • また、パレートの法則(80%の成果は20%の活動から生まれる)を踏まえた時間管理術が怠惰な多忙を回避する際に参考になる。

リスク

虎穴に入らずんば虎児を得ず。リスクを厭わない心を作る。

  • リスクとリターンの組み合わせは以下4通り。
  • ローリスク・ローリターン
    • 派手さは無いが仕事の基本的な姿勢
  • ローリスク・ハイリターン
    • ローリスク・ローリターンの継続により得られる領域
  • ハイリスク・ローリターン
    • そもそもの価値があるかを始める前に検討する領域
  • ハイリスク・ハイリターン
    • 人生やキャリアにおいては、時にこのタイプの冒険が必要な場合がある。

失敗

成功の反対は失敗ではなく、「挑戦しなかったこと」である

  • 「挑戦しない」ことは、機会損失であり、後悔と時間消費となる。
  • 「挑戦する」と、成功する場合と失敗する場合があるが、その経験は資産となり、獲得物、経験値、自信、人とのつながり、次の挑戦への希望などが得られる。

結果とプロセス

「成果を出す」と「過程をつくる」のどちらが大事か

  • 「結果」を出すから、仕事は利益を生み、成長を実感できる。
  • 「プロセス」をきちんと作らないとその場しのぎで成果を追う事になる。
  • 「結果」と「プロセス」は車の両輪であり、結果を出す執念と、プロセスをつくる着実さを持つことが重要。

「プロセス」はウソをつかない

  • プロセスをしっかり積み上げても、結果が出ないときがある。
  • しさし、さらにプロセスを積み重ねていくと、次の成功確率は確実に高まり、その結果勝ち取った成功は本当の自信となり、プロセスは財産になる。

「結果」はウソをつくときがある

  • プロセスをいい加減にしても、良い結果が出てしまうときがある。
  • 結果がたまたま出たときの自信は過信・慢心になりやすく、次の成功を再現できる力を身につけたわけではない。

孤独

孤独は深く大切な事を考える為に不可欠のプロセス

  • 個として強く進むとき、その孤独は孤立を意味しない。
  • 孤独の辛さ・大切さを通じて深く繋がることが出来る人たちもいる。

Only is not lonely

  • 「孤独」は前提なのだ。
  • 「ひとりぼっち」は、当たり前の人間の姿である。
  • 赤ん坊じゃないんだから、誰もあんたのために生きてない。
  • それでも、「ひとりぼっち」と「ひとりぼっち」が、リンクする事はできるし、時には共振し、時には矛盾し、時には協力し合うことはこれもまた当たり前のことのようにできる。
  • 「ひとりぼっち」なんだけれど、それは否定的な「ひとりぼっち」じゃない。
  • 孤独なんだけれど、孤独じゃない。
    • (糸井重里「ダーリンコラム」2000年11月06日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS時代のリアルな居場所を。

あなたの思いを共有してみませんか?

「学生時代に世界中をバックパックしたし、ワーキングホリデーもした。けれども今は日本で働いていて、たまに海外旅行に行くだけの何となく過ごしている毎日。」
(20代前半、女性、貿易事務)

「ビジネス書をいっぱい読んでるし、News Picksの記事も毎日チェックしている。とりあえず3年が過ぎて転職もしたけど、人生の方向性が見えない。」
(20代後半、男性、営業職)

ライフシフトサロンには、誰もがかかえる漠然とした不安や不満をもった参加者が集まり、同じ価値観を共有したり、働き方や生き方を変えるために動き始めたりしています。

参加を申し込む

コメントを残す

*