働き方

人生・仕事に悩む社会人の必読本!?『働き方の哲学』まとめ・要約|知識編|読書会で紹介された本一覧

働き方の哲学

村山 昇

(このページは2018年10月31日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

働き方の哲学

この世に事実はない。あるのは解釈だけだ。 ニーチェ

何を幸福と考え、何を不幸と考えるか。その考え方が幸不幸の分かれ目なのである。 カーネギー

私たちは長い職業人生で様々な出来事と遭遇します。

なぜ働くのか?どう働くのか?

「仕事」「キャリア」「成長」「リーダシップ」「自己実現」「社会」「メンタル」…。

2018年3月25日に出版された、村山昇著 『働き方の哲学』 はそんなあなたの悩みについてのヒントが書かれております。

私自身もとても参考になった本でしたので、『働き方の哲学』 をシリーズとしてその要約をお届けしていきます。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

職業人能力

基礎学力

  • 読み・書き・そろばん(計算)に始まり、物を調べる、考える、判断する、知識を体系的に理解するなどの基礎レベルの力。
  • 社会で自立的生活を送るために最低限必要となる学力。

社会人基礎力

  • 職種に関わらず、社会人として職場や地域社会で様々な人たちと協働していくために必要な基礎力。
  • 経済産業省はこれを3グループ・12要素に分けて捉えている。

職業的能力

  • 特定の職業に就き、仕事をこなし、仕事を作り出す専門的能力。
  • 「プロの仕事」と呼ばれるものは、この能力から生み出される。
  • 「高度専門レベル/一般レベル」「組織固有スキル/汎用スキル」「俗人的スキル/資格・外型化スキル」などに分類が出来る。

学ぼうとする意識

  • 能力は意識と不可分な点がある。
  • 色々な事に好奇心をもって学ぼうとする態度・志向・自分への動機付けは、能力取得に重要である。

キャリア形成意識

  • 日々漠然と働くのではなく、意志的な連続性・目的観を持って仕事に取組んでいく。
  • その中長期の流れから逆算し、どんな能力を身につけるかを考える。
  • そうしたキャリア形成の心構えは、職業人としての重要な能力の1つ。

心と体の健康

  • 健康である事は、能力を取得し、発揮する上で重要な条件。
  • 健康であればこそ、意識も鋭敏になり能力をさらに増進できる。

人間性、常識・倫理観

  • 職業人として能力の基盤にあるものは、人間性、常識・倫理観である。
  • 人それぞれに人間性があり、それぞれに常識・倫理観に違いがあり、各人の能力の個性となる。

経済産業省が提唱する社会人基礎力

前に踏み出す力(アクション)

  • 主体的:物事に進んで取組む力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 実行力:目的を設定し、確実に行動する力

考え抜く力(シンキング)

  • 課題発見力:現状を分析し、目的や課題を明らかにする力
  • 計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
  • 創造力:新しい価値を生み出す力

チームで働く力(チームワーク)

  • 発信力:自分の意見を分かりやすく伝える力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聞く力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 状況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

行動特性・思考特性

「どう行うか・どう考えるか」の傾向性

  • 能力と言うと、知識や技能に目がいきがちだが、行動特性や思考特性はそれに劣らず重要な能力。
  • なぜなら、知識・技能を仕事上の成果に結び付けられるかは、行動特性・思考特性にかかっているからである。

「~ができる」と「成果が出せる」は別物

  • 知識や技能はあくまで仕事をする上の素材であり、それを生かすも殺すも行動特性・思考特性次第である。
  • 行動特性・思考特性には、成果を生みやすいものとそうでないものがあり、前者を「コンピテンシー」と呼ぶ。
  • コンピテンシーには、「仕事成就」「自己成長」「リーダーシップ」「協働促進」「対人関係」などがある。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す