働き方

人生・仕事に悩む社会人の必読本!?『働き方の哲学』まとめ・要約|能力編|読書会で紹介された本一覧

働き方の哲学

村山 昇

(このページは2018年10月31日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

働き方の哲学

この世に事実はない。あるのは解釈だけだ。 ニーチェ

何を幸福と考え、何を不幸と考えるか。その考え方が幸不幸の分かれ目なのである。 カーネギー

私たちは長い職業人生で様々な出来事と遭遇します。

なぜ働くのか?どう働くのか?

「仕事」「キャリア」「成長」「リーダシップ」「自己実現」「社会」「メンタル」…。

2018年3月25日に出版された、村山昇著 『働き方の哲学』 はそんなあなたの悩みについてのヒントが書かれております。

私自身もとても参考になった本でしたので、『働き方の哲学』 をシリーズとしてその要約をお届けしていきます。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

リテラシー

最低限身につけたい基盤的能力

  • リテラシーはもともと「読み書きができる能力」と言う意味であったが、近年は様々なリテラシーが求められている。
  • 以下はその代表例である。

ライフリテラシー

  • 生活人として生きていくために必須の基盤的能力
  • 「読み・書き・そろばん」が該当する。

社会人リテラシー

  • 社会人として働いていく為に必須の基盤的能力
  • 「コンピューターリテラシー」デジタルツールを目的に合わせて適切に活用し、収集、分析、創造、発信ができる能力。
  • 「情報リテラシー」欲しい情報を集め、読解、評価しメディアを使い分ける能力
  • 「マネーリテラシー」お金の働き、流れの仕組み、適切な金融商品を選び取り生計に役立てる能力

ビジネスリテラシー

  • ビジネスパーソンとして活躍する為に必須の基盤的能力
  • 「経営リテラシー」経営戦略、マーケティング、財務管理、批判的思考など事業経営のための知識や能力
  • 「英語」グローバルレベルでの読み・書き・会話

T型人材

能力の幅と深さを併せ持つ

  • 「T」のタテ棒:専門的能力
  • 「T」のヨコ棒:汎用的能力

様々なかたちの人材

  • T型人材:専門性と汎用性を併せ持つプロフェッショナル
  • I型人材:専門性を磨くスペシャリスト
  • 一型人材:多才で人脈の幅の広いゼネラリスト
  • π型人材:2つの専門性を持つプロフェッショナル
  • H型人材:様々な人の持つ専門性を越境的に繋ぎ合わせるプロフェッショナル

知・情・意

人間が持つ3つの精神

  • 人間には、「知」「情」「意」の3つの精神を持っている。
  • 「智に働けば角が立つ。情に棹されれば流される。意地を通せば窮屈だ。」と言われるように、この3つの精神を同時に深めていく必要がある。

「知」

  • 知性に関わる心の働き
  • 「真」の価値を理想とする

「情」

  • 感情に関わる心の働き
  • 「美」の価値を理想とする

「意」

  • 意志に関わる心の働き
  • 「善」の価値を理想とする。

マネジメント

物事を手なずける能力

  • マネジメントの訳語は「管理」だが、実際は「感知、洞察、分析、予測、回避、改善、統合など」を統合した概念。
  • マネジメントとは、馬を手なずけるごとく諸要素を統御して成果を上げる技。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す