本の紹介

まとめ・要約|影響力の武器 実践編-「イエス!」を引き出す50の秘訣|N.J.ゴールドスタイン|読書会で紹介された本一覧

影響力の武器 実践編-「イエス!」を引き出す50の秘訣

N.J.ゴールドスタイン

(このページは2018年10月7日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

不便を高めて感じさせる説得力

人は自分でどうすべきか分からない時に他人の行動を手本にする(社会的証明の原理)

  • 通販番組で、「オペレーターがお待ちしております。」から「オペレーターに繋がらない場合は、繰り返しお電話ください。」と台詞を変えたところ、売上が激増した。
  • これは、視聴者が、「商品に人気があり、休むまもなく電話がかかってくる」姿を自ら思い描いたからである。

キャンディーの説得力

恩恵を受けたら報いなくてはと人は感じる(返報性の原理)

  • レストランでの支払いの際、ウェイターがお客にキャンディーなどのお菓子を配るとチップが増える。
  • 贈り物やサービスの説得力が増す要員は3つある。
  • 1つ目は、具体的に渡されるもの(キャンディー)があること。
  • 2つ目は、渡され方。「どれほど予想外であるか」「どれほど個人的な親しみが感じられるか」
  • 3つ目は、そこに好意があるプレゼントであると感じられるか。
  • これらの3点を踏まえれば、同じプレゼントでも使い方次第で強い印象を残すことができる。

簡単な質問が協力を引き出す

人は、自分のコミットメントや価値化と一貫した行動をとろうとする傾向がある(コミットメントと一貫性の原理)

  • 相手に質問を投げかけ、それに回答してもらう事で、行動の一貫性が保たれる。

小さなお願いが大きな成果を引き出す

  • 慈善募金などの際に、「わずかな額でも助けになる。」と伝える事が、寄付増加に繋がる。
  • 仕事や時間を作ってもらう際に、「1時間だけでも良いから」と付け加えると、了解を得られやすい。

短所を長所に変える

  • フォルクスワーゲンをアメリカに売り込む際に、「不恰好なのは見た目だけです!」という宣伝文句を用いたところ、大人気となった。
  • 商品の欠点にあえて触れる事で、誠実で信頼できると言う印象を与えることが出来る。
  • 欠点に触れる際は、メッセージが伝えるプラス面とマイナス面に明確なつながりが必要となる。

ウェイターから学ぶ説得力

自分に似た人、自分が気に入った人には親切にしたくなる(好意の原理)

  • ウェイターが注文を受け付ける際に、客が行ったとおりに注文を復唱するとチップが増えるという有名な話がある。
  • 単純な行動の模倣であったとしても、双方にメリットのある状況を作り出すことができる。

早いスタートでロイヤリティを勝ち取る

  • 顧客が報奨プログラムに参加する際に、あらかじめ得点ポイントがおまけでついていると効果的である。
  • ポイントカードを配る際に、1個目のスタンプをあらかじめつける事によって、プログラムをこれから初める状態から、既にプログラムの途中であると考えるからである。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す