資産

まとめ・要約|影響力の武器-なぜ、人は動かされるのか|ロバート・B・チャルディーニ|読書会で紹介された本一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

影響力の武器-なぜ、人は動かされるのか

ロバート・B・チャルディーニ

(このページは2018年10月7日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

影響力の武器

人間の行動の多くは「自動的」である。

  • 「高価なもの=良いもの」と言ったように、標準的な原則に従おうとする。
  • それが最も効率的だからである。
  • このような、自動的反応には心理学的原則が働いており、6つの「影響力の武器」がある。

返報性

他者から何らかの恩恵を受けたら、そのお返しをせずにはいられなくなる。

  • マーケティングのテクニックとして、無料試供品の配布がある。
  • 無料試供品は一種の贈り物であり、そこに返報性のルールが働く。
  • 「少し試しに使ったんだから、注文しなくちゃ悪い」と思ってしまうのだ。
  • もう1つの方法として、最初にこちらが譲歩し、そのお返しとして相手の譲歩を引き出すと言うものがある。

コミットメントと一貫性

一度決定を下すと、そのコミットメントと一貫した行動を取り、自らの決定を正当化しようとする。

  • われわれの日常生活において、一貫している事は望ましいとされる。
  • 考えている事や行っている事と、実際の行動が一致しない人は裏表のある人だと疑われてしまうからである。
  • 一方、言動が一致している人は、人格的に知的に優れているとみなされる。
  • このため、自動的に一貫性を保つことが習慣化している。
  • また、自分の立場を明確化することで、それ以上思考をする必要が無くなり楽だと言う点もある。
  • 多大な精神的労力を必要とする日常生活において、一貫性を保つ事は考える苦難から避ける楽な方法なのである。

社会的証明

「他人が何を正しいと考えているか」に基づいて、物事の成否を判断する。

  • ある行動をする人が多いと、それが正しいとみなす。
  • 代表的な例として、下記のものがある。
  • チップの中に見せ金として高額紙幣をあらかじめ混ぜて置く
  • あえて入場制限をして、長蛇の列を作り店のブランディングを図る。

好意

自分が好意を感じている人からの頼み事は受け入れる傾向にある。

  • 友情の魅力、安心感、義務感が販売の場面で生じるように仕向ける。
  • 代表的な例として、「世界で最も偉大な自動車セールスマン」として『ギネスブック』に載っているジョー・ジラードは1日5台以上の車を売っていた。
  • その手法をとても単純で、「公的な価格」「この人から買いたいと思われるようにする」ことの2つの事を提供するだけであった。
  • 人から好意を受けられるものとして、「ハロー効果」がある。これは、ある人が望ましい特徴を1つ持っていることによって、その人に対する他者の見方が大きく影響を受けると言うものである。
  • 例えば、外見のよさが才能、誠実さ、知性を持っていると自動的に考えてしまう傾向がある。
  • 好意を生み出す最も影響力のあるものは「類似性」である。
  • 服装、経歴、趣味、年齢、宗教、喫煙の習慣などがこの類似性に当てはまる。

権威

権威者に命令されると、それに従う事が自分の利益になると重い、自動的に行動する。

  • それは、考える必要が無いからである。
  • また、権威の実態だけではなく、そのシンボルにも影響を受ける。
  • シンボルの代表例として、肩書き、服装、高価な装飾品がある。

希少性

手に入りにくくなると、その機会がより貴重なものであると考える。

  • 最も分かり易いものとして、「数量限定」の戦術がある。
  • その他にも、「最終期限」という戦術があり、時間制限を設けて買う決心を促すものである。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読書をアウトプットしたいあなたへ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

当記事を作成した長谷川と申します。

『SNS時代のリアルな居場所を。』をコンセプトにしたコミュニティ、ライフシフトサロンを毎週開催しています。

ご興味のある方は、下記のボタンからHPをご確認ください。

ライフシフトサロンHP

コメントを残す

*