経済

まとめ・要約|TRUST-世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか|レイチェル・ボッツマン|読書会で紹介された本一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TRUST-世界最先端の企業はいかに〈信頼〉を攻略したか

レイチェル・ボッツマン

(このページは2018年10月3日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

「信頼」の劇的な変化

  • テクノロジーの力によって、車や自宅、スキルなどの遊休資産が解き放たれた。
  • その中でも興味深いものは、テクノロジーに組み込まれた「信頼」である。
  • なぜ人々は、プロフィールだけを頼りに他人の車に乗り込む事ができるのか。

第3の信頼革命

  • 私たちは、人類の歴史の中で3度目の、最も大きな「信頼革命」の入口に立っている。
  • 第1は小さな地域社会での「ローカルな信頼」、第2は契約や法律などによる「制度への信頼」、そして第3の「分散された信頼」の時代に差し掛かっている。
  • 「分散された信頼」はテクノロジーを通じて、レーティングされた評価履歴によって人が人を信頼する。
  • つまり、1つのミスが生涯付きまとう事にもなる。

分断された信頼を生むデジタル

  • 「分散された信頼」は人間関係のルールさえ書き換えている。
  • この新たに信頼の時代に何が起きるかを理解する事は、決定的な意味を持つ。
  • 信頼がどう築かれ、管理され、失われ、修復されるかを理解しなければ、社会の維持・繁栄は出来ない。

新しいアイディアへの信頼

新しい形の信頼

  • フランスで2006年に立ち上げられたスタートアップ「ブラブラカー」は運転者が旅行先までの車の空席を売り出すシェアビジネスである。
  • 創業者は2003年にこのアイディアを思いついたが、普及まで10年以上の歳月がかかった。
  • ドライバーと同乗者のマッチングに注目するあまり、信頼の問題を解決できていなかったからである。

信頼の飛躍

  • 最初の問題は、どうしたらこのアイディアを信用してもらえるかである。
  • 2011年にオンライン決済を導入し、前払いシステムを導入する事でキャンセル率を35%から3%に減少させたことをきっかけに、信頼を築き、アイディアが普及した。

プラットフォームへの信頼

ウーバーの責任

  • 2016年2月20日、レーディング評価の高かったウーバーのドライバーが殺人を繰り返した事により銃乱射事件が発生、6人が射殺され、2人が重傷を負った。
  • ウーバーは事件の予測は困難であったと主張し、「過去の行動は必ずしも未来の行動を予測するものではない」と発現した。
  • 現在、様々な地域でウーバードライバーが性的暴行、誘拐、窃盗、飲酒運転などで逮捕されている一方、毎日500万人以上がウーバーを利用している。
  • 今の時代、責任の問題はとても複雑である。なぜならプラットフォーム企業は資産を持たず、雇用をせず、ブランド名のみを売っているからである。
  • ウーバーは車を持たず、エアビーアンドビーは不動産を持たず、フェイスブックはコンテンツを作らないのである。

信頼ビジネス

  • プラットフォームの場合、利用者は最終的に誰を信用しているのか。
  • それは、「プラットフォーム」と「コミュニティ」の双方に信頼が存在しなければならない。
  • これが、過去の「制度への信頼」と「分断された信頼」の大きな違いである。
  • 誰を信頼するかはホストとゲスト自身である。

他人への信頼

信頼の3要素

  • 信頼に値するかどうかを見極める、シンプルな方程式がある。
  • それは、「その人は有能か?」「その人は頼りがいがあるか?」「その人は正直か?」の3つである。
  • 「有能さ」とは、やり遂げる能力であり、特定の仕事を実行するスキルと知識と経験があるかと言う意味である。
  • 「頼りがい」とは、その人に任せても大丈夫という確信があるかと言う意味である。
  • 「正直さ」とは、誠実さと意図の問題である。彼らの意図とあなたの意図が一致しているかがポイントである。
  • 政治学者のラッセル・ハーディンは「信頼とはカプセルに入った利益」だと言っている。
  • 「カプセルに入った利益」とは、当事者同士の自己利益である。
  • もし私があなたを信頼するとしたら、それは「あなたが私の利益を真剣に考えてくれる」と信じているからである。
  • あなたが私を騙さないと信じられるのは、私を騙す事があなたの利益にならないからである。
  • 例えば、インセンティブの支払いは実績に基づき利益が決定する為、「カプセルに入った利益」となる。

オンラインの信頼

  • 誰かを雇用する場合、以前は履歴書が信頼の証明であったが、現在はフェイスブック、ツイッター等のソーシャルなプロフィールが信頼の役割を果している。
  • 今や、多くの人に分散されたものが信頼を築き上げている。
  • 例えば、仕事の依頼は、オンライン上のレビューによって大きく左右される。
  • 今後、私たちが情報に基づいて判断する上では、オンライン上での信頼がより一般的なものになっていく。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS時代のリアルな居場所を。

あなたの思いを共有してみませんか?

「学生時代に世界中をバックパックしたし、ワーキングホリデーもした。けれども今は日本で働いていて、たまに海外旅行に行くだけの何となく過ごしている毎日。」
(20代前半、女性、貿易事務)

「ビジネス書をいっぱい読んでるし、News Picksの記事も毎日チェックしている。とりあえず3年が過ぎて転職もしたけど、人生の方向性が見えない。」
(20代後半、男性、営業職)

ライフシフトサロンには、誰もがかかえる漠然とした不安や不満をもった参加者が集まり、同じ価値観を共有したり、働き方や生き方を変えるために動き始めたりしています。

参加を申し込む

コメントを残す

*