働き方

まとめ・要約|稼ぐ力-「仕事がなくなる」時代の新しい働き方|大前 研一|読書会で紹介された本一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稼ぐ力-「仕事がなくなる」時代の新しい働き方

(このページは2018年10月3日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

稼ぐ力 -「仕事がなくなる」時代の新しい働き方-

市場の縮小、起業の業績低迷・・・。仕事がなくなる時代のビジネスパーソンに必要な「稼ぐ力」について解説する。

日本企業は何に苦しんでいるのか

  • 現在、サラリーマンの「仕事と給与」、「新しい働き方」をめぐって「裁量労働制」「65歳定年」「グローバル採用」「解雇ルールの緩和」などの様々な議論が沸き起こっている。
  • これらの背景には、IT化、ロボット化、グローバル化などにより従来のビジネスモデルでは十分な利益を上げられなくなってきた事が原因である。
  • その為、社員1人1人の「稼ぐ力」が問われるようになってきた。

アベノミクスの疑問

  • 安部政権は日銀の異次元金融緩和によるカンフル剤によって、株高・円安を生み出した。
  • さらに経済界への「賃金引上げ」要請によりデフレ脱却・経済再生を目指した。
  • しかし、実際に賃上げをした企業はごく一部であり、一時金の支給にとどまったケースも多い。
  • 日本のサラリーマンの年収はこの20年、全所得層で約100万円減少した。
  • その結果、人々の欲望が抑制され、モノが売れないデフレが長期化した。
  • デフレ脱却の為には約月10万円の賃上げが必要であり、月1万円程度の賃上げは意味がない。

海外からの投資を呼び込めない異常

  • 日本経済の低迷は海外からの投資を呼び込めていない構造的問題である。
  • 先進諸国で経済成長をしている国は、対外投資を進め、海外投資を呼び込んでいる。
  • 日本企業が海外進出を進める一方、海外投資の流入がない現状が続けば、国内産業の空洞化が進み、雇用の流出が促進する。

外国企業誘致の組織不在

  • 経済産業省直轄のJETRO(日本貿易振興機構)は日本企業の海外誘致を進める一方で、その逆の支援を行っていない。
  • その為、雇用の海外流出が進む一方で、国内の雇用創造がなされていない。
  • また、日本は高い法人税によって外資参入を拒んできた歴史がある為、海外投資を呼び込む地盤がない。
  • 厚生労働省は派遣社員の有期契約(改正労働契約法)、希望者への65歳までの再雇用の義務化(規制高年齢者雇用安定法)など、雇用の硬直化を加速させる方針である為、起業の海外逃避が加速化されると予測される。

国内企業が海外での業績を上げられない理由

  • 日本企業の最大の問題の1つは、国内トップ企業がグローバル競争力を持っていない点である。
  • グローバル競争力の弱さの理由に組織的な問題がある。
  • 日本企業の過半数日本人が占めている一方で、外資企業でグローバル競争力を持っている企業は全国共通の現地採用・人事評価システムにより国債差別がない。
  • 各国でどの国の言語・文化・風習にあわせた優秀な人材の確保が国際競争力の差につながっていると言える。

世界で最も希少な資源である「優秀な人材」

  • 日本企業は海外に活路を見出す為に、外国企業のM&Aを進めている。しかしながら、社内に世界で活躍できる人材がいない。
  • 企業にとって「世界で最も希少な資源」は優秀な人材となり、その人材育成が日本企業の課題である。

これからの日本に必要な人材とは

大卒程度の学歴では食べていけない

  • 今後、必要とされるのは会社に頼らずとも自分で仕事が出来る「自立志向」の人材である。
  • 「2011年度にアメリカの小学校に入学した子供の65%は、大学卒業時に今は存在しない職業に付くだろう」と言われる一方、「消える職業」も増加し、今後のビジネス界は激変する。
  • 激変す社会の中で生き残る為には、誰もが変わり続けなければならない時代が到来している。
  • しかしながら、日本の社会人の学び直しは少なく、社会人大学生の割合はOECD加盟国平均の10分の1である。
  • 先進国では、社会人のMBA取得などは一般的であるが、日本は大学を卒業したらそのスキルで一生食べていこうと考えている人が圧倒的に多い。
  • 過去の日本は、「規模の拡大」によって事業成長をしていた為、上司に習って仕事習い経験を積めばよかった。
  • しかしながら、現在は企業自体が進むべき方向性を探しあぐねている時代だから、上司とは違う新しいスキルを自身で身につけていかなければならない。

ハードスキルとソフトスキル

  • 2030年に生き残るスキルとは、具体的に下記の3つの事ができるスキルである。
  • 「アジアの工場に着任し、現地社員を集めて英語で挨拶し、今後の方針を説明する。」
  • 「海外赴任先のキーマンだる有能な外国人社員の退職願いを退けて、やめさせないように説得する。」
  • 「海外工場を閉鎖する際に、現地企業になるべく高値で売却できる交渉をする。」
  • これらの業務が出来る為には「道具」となるハードスキル(会計、財務、マーケティング、統計)と、「コミュニケーション」となるソフトスキル(前述の問い)が求めらる。
  • これらのスキルは、ダイバーシティ・マネジメントで必須となり、社員1人1人がどこまでスキルを高められるかが、グローバルでの成功を左右させる。

会社外での学び直しが必要

  • ハードスキル・ソフトスキルの取得にはそれぞれ最低2年の訓練が必要である。
  • しかしながら、社内でそれらのスキルを身につける機会は乏しく、社外での勉強が必要である。

世代別「稼ぐ力」の3つの鍛え方

第1フェーズ「受命・拝命」

  • 与えられた仕事に対して結果を出すフェーズであり、この期間が長いと自分で考える能力が育たない。
  • 20代後半からは「やるべき仕事を自分で見つけ、それを実行に移していく」「他の人を活用して大きな成果を出す」事を経験し、「自立」を目指す。

第2フェーズ「管理職としての経験蓄積」

  • 3つほどの異なる分野でのマネジメントを経験することが望ましい
  • なぜなら、1つの分野では全体を俯瞰した采配を振る事ができず、第3フェーズで失敗するから。

第3フェーズ「3つの役割」

  • 「新しい事業を立ち上げる」「ダメな事業を立て直す」「中核事業をさらに発展させる」の3つの実績を積む。
  • この3つのスキルが企業には必要であり、どれか1つでも出来ないと企業は衰退する。
  • これらの3つのフェーズを明確にイメージした上で、自分の年齢と能力を勘案して自分の未来を字部で切り開いていく必要がある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS時代のリアルな居場所を。

あなたの思いを共有してみませんか?

「学生時代に世界中をバックパックしたし、ワーキングホリデーもした。けれども今は日本で働いていて、たまに海外旅行に行くだけの何となく過ごしている毎日。」
(20代前半、女性、貿易事務)

「ビジネス書をいっぱい読んでるし、News Picksの記事も毎日チェックしている。とりあえず3年が過ぎて転職もしたけど、人生の方向性が見えない。」
(20代後半、男性、営業職)

ライフシフトサロンには、誰もがかかえる漠然とした不安や不満をもった参加者が集まり、同じ価値観を共有したり、働き方や生き方を変えるために動き始めたりしています。

参加を申し込む

コメントを残す

*