その他

大阪、京都、神戸でオススメの読書会5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(このページは2018年12月12日に更新されました)

大阪、神戸、京都で読書会を探しているあなたへ

「本を読んだ感想を誰かと共有したいけど、周囲に話せる仲間がいない。」

「関西に引っ越してきて、職場以外の本好きが集まるコミュニティを探している。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

ライフシフトサロン大阪読書会のWEB担当をしている、長谷川と申します。

私も以前は、この記事を見つけたあなたと同じ様に、自分の生き方・働き方を見直すために、大阪、神戸、京都で読書会を探していました。

現在は『SNS時代のリアルな居場所を。』をコンセプトに、関西で一番最初に始めたライフシフト 読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書会のいいところは、SNSでつながる時代に、リアルな居場所を持てるということ。

読書会では職場でも家庭でもない第3の居場所(サードプレイス)として、“ほどよい距離感”であなたの価値観を共有することが出来ます。

そんな読書会は、私が関西に引っ越してきた3年前と比べるとずいぶんと増えてきました。どの読書会もそれぞれの特徴があるため、あなたの希望にあった読書会がきっと見つかると思います。

ただ、「数が多すぎて、どの読書会がいいか選びきれない」という方のために、この記事では、関西の読書会の中から、いくつかの特徴のある読書会をご紹介いたします。

関西の読書会を渡り歩いた、ライフシフトサロン担当者ならではの視点で、実際に参加した際の感想をまじえてお話しようと思います。

 

あなたの素敵なコミュニティ選びの一助となれば幸いです。

それではまいります。

朝活読書会 Output & Update (大阪・神戸)

https://kobebookcafe.com/

まず始めにご紹介するのは、『朝活読書会 Output & Update』さんです。

Output & Update さんは、「読書を、もっとおもしろく。」をコンセプトとした大阪と神戸で開催している朝活読書会です。

NewsPicksなどのソーシャルメディア感度の高い20代、30代が集まり情報交換をしており、読書に限らず仕事の悩みを相談したり、情報を仕入れたりする方が多い朝活読書会です。

「アウトプット」と「アップデート」を会の軸にしており、参加者同士で自由活発に交流をされています。

 

私も良く参加をしているのですが、ある時は参加者の一人が「結婚を控えているが借金がある。」という悩みを相談されて、それを参加者全員で考えるとういう場であったり、クラウドファンディングでキングコング西野を大阪に誘致し講演会を開いた主催者が、実はとても働き方で悩んでいたとカミングアウトする場であったりと、参加者とテーマによって毎回異なる趣になり、何回参加しても飽きのこないコミュニティになっているのが魅力のひとつです。

参加者層は20代~30代前半の社会人が多く、「会社以外で同年代と交流するコミュニティが欲しいが、趣味で集まるサークルではなく、キャリアアップや自己成長に繋がる場を探している。」と言う方にピッタリのコミュニティです。

ホームページにもたくさんの情報がつまっており、リンク先の記事を読むだけでも知らなかった知識が身につきとても勉強になります。

3つの特徴

  1. 「読書を、もっとおもしろく。」をコンセプトに大阪と神戸で朝活読書会を開催している。
  2. アウトプットとアップデートを軸にしており、読書そのものよりも、実社会での自己成長を重視している。
  3. ホームページの紹介で引用されている記事を読むだけで勉強になる。

開催情報

  • 日時:木曜、土曜に開催
  • 会場:大阪の会議室、神戸のカフェ
  • 定員:なし
  • 参加費:1,000円

Output & UpdateのHPを見てみる

ライフシフトサロン 『ライフシフト読書会』(大阪、京都、神戸)

(http://lifeshift-salon.com/)

そして、2つ目にご紹介するのは、ライフシフトサロンが主催している『ライフシフト読書会』です。

私が主催する読書会で恐縮ですが、他の読書会にはないちょっと変わった読書会です。

 

この『ライフシフト読書会』は、SNS時代のリアルな居場所を。」をコンセプトとした、20,30代の働き方・生き方でつながるコミュニティです。「LIFE SIFT(リンダグラットン)」を題材にした読書会が増えてきておりますが、関西で一番最初にLIFE SIFTを題材にした読書会でもあります。

「学生時代に世界中をバックパックしたし、ワーキングホリデーもした。けれども今は日本で働いていて、たまに海外旅行に行くだけの何となく過ごしている毎日。」

「ビジネス書をいっぱい読んでるし、News Picksの記事も毎日チェックしている。とりあえず3年が過ぎて転職もしたけど、人生の方向性が見えない。」

この読書会には、上記のような誰もがかかえる漠然とした不安や不満をもった参加者が集まり、同じ価値観を共有したり、働き方や生き方を変えるために動き始めたりしています。

そんなライフシフトサロンが『ライフシフト読書会』を主催しようと思った理由、そこには、私が何十回、何百回と読書会に参加するなかで出会った、ある体験がありました。

 

「あなたは死ぬときに1人で死にたいですか?それとも見取られて死にたいですか?」

ある読書会に参加したときに、医療職の仕事をされている参加者が投げかけた質問によって、私たちは今まで読書会では話し合う機会のなかった、「どう生きたいか?」という根源的なテーマについて語り合い、お互いの価値観を知り、今までとは違ったつながりを感じました。

この経験から気づいたことは、私たちが本当に読書会に求めていたものは、本について話し合うことではなく、読書体験で得られた生き方・働き方に対する価値観や思いを共有し、漠然とした不安や不満を無くしたいということです。

その思いで始めた『ライフシフト読書会』

働き方・生き方に関心がある方であれば、本を読まない方の参加も歓迎しております。

素敵な人生を歩み出すきっかけを当読書会で見つけていただけるとうれしいです。

3つの特徴

  1. 関西で一番最初に始めたライフシフト読書会
  2. 20,30代の働き方・生き方でつながり、漠然とした不安や不満を無くすヒントを見つける
  3. 本を読む習慣がなくても、働き方・生き方に関心があれば参加可能

開催情報

  • 日時:毎週木曜日19:30~22:00、毎週土曜日15:45~18:45
  • 会場:KOKOPLAZA 青少年センター(大阪市東淀川区東中島1丁目13-13)
  • 定員:5~20名
  • 参加費:読書会1,000円 懇親会(各自の飲食代)

ライフシフトサロンの開催スケジュールを確認する

猫町倶楽部 『文学サロン月曜会』(東京、大阪、名古屋、福岡)

(http://www.nekomachi-club.com/)

3つ目にご紹介したいのは、名古屋を拠点としている「猫町倶楽部」さんが開催している『文学サロン月曜会』です。

この読書会は次のような方にオススメです。

「古典文学や名著についてディープに語り合いたい。」

「音楽やアートなどジャンルを横断した知識欲求を満たしたい。」

猫町倶楽部さんは、2006年に名古屋のJAZZ喫茶でスタートした、延べ5000人が参加している日本最大級の読書会コミュニティです。現在は大阪でも開催しています。

参加者は30代40代の文化人が中心のコミュニティです。

最大の特徴は、「毎回、指定される課題図書を読み終えてくること」を参加資格とするハードルの高さです。

一見さんにはすこし参加するのに勇気がいる会ですが、一度はまってしまうと次の参加が待ち遠しくなるような魅力がございます。

 

実は、私の実家が活動をスタートしたJAZZ喫茶に近く、開催当初からお世話になっていた読書会です。

参加者としてだけではなく、運営サイドとして美術館とのコラボ読書会を企画させていただいた経験もございます。

私が、人生で最も至福の読書体験を味わう事のできた、20世紀文学の最高傑作「カラマーゾフの兄弟(ドストエフスキー)」を読了できたのは、猫町倶楽部さんのおかげです。

3つの特徴

  1. 「毎回、指定される課題図書を読み終えてくること」を参加資格とするハードルの高さ
  2. 30代40代の文化人が中心のディープなコミュニティ
  3. 古典文学や音楽、アートなどのジャンルを横断した知識欲求が満たせる

開催情報

  • 日時:不定期(※文学サロン月曜会ですが、月曜日以外の開催もございます。)
  • 会場:ラポーティア(大阪市西区新町1-14-21 大阪ひびきの街 ザ・サンクスタワー1F)
  • 定員:50名
  • 参加費:読書会1,500円 懇親会3,000円
  • その他:ドレスコードあり、学割あり

猫町倶楽部の開催スケジュールを確認する

Read For Action(全国)

 

(https://www.read4action.com/)

4つ目に紹介するのは、特定の読書会ではなく、読書会ネットワーク『Read For Action』です。

この読書会は次のような方にオススメです。

「将来自分でも読書会を開催したいと考えている」

「本を読む習慣を身につけたいけど読了できずに挫折してしまう」

Read For Actionさんは、2011年9月の東日本大震災をきっかけに発足した、390名以上のファシリテーターが所属する読書会ネットワークです。(2017年5月現在)

この読書会の特徴は、Read For Action協会に所属する全国のファシリテーターが多彩なテーマの読書会を開催しているという事です。

「読むだけの読書から、行動する読書へ」を真骨頂とした、事前に本を読まなくても、30分で本の中身がスッと頭に入るスタイルの読書会です。

 

実は、私もライフシフトサロンを運営する前は、Read For Action協会に所属し、読書会を開催させていただいておりました。

読書会の開催ノウハウを学べるという点と、Read For Actionさんのホームページを活用した集客が出来るという利点がありますが、ファシリテータの研修や登録に費用がかかります。

また、ノウハウを学ぶという観点であれば、読書会に参加するだけでも十分に学びはありますが、ファシリテーターによって、運営スタイルが大きく異なるため、注意が必要です。

また、30分で読了する読書方法に興味がある方は、読書法を紹介している本を読まれてもよいかもしれません。

3つの特徴

  1. 390名以上のファシリテーターが多彩なテーマの読書会を開催
  2. 事前に本を読まなくても、30分で本の中身が理解できる
  3. 将来自分でも読書会を開催したいと考えている場合のネットワークとして活用可能

開催情報

  • 日時:不定期
  • 会場:主催者・読書会による
  • 定員:主催者・読書会による
  • 参加費:主催者・読書会による

Read For Actionの開催スケジュールを確認する

ABD読書会(全国)

(http://www.abd-abd.com/)

5つ目に紹介するのは、アクティブ・ブック・ダイアローグというグループ読書手法を体験する『ABD読書会』です。

この読書会は次のような方にオススメです。

「学校の授業や企業研修で読書会の開催を検討している」

「集団での読書ワークショップを体験したい」

ABD読書会は、アクティブ・ブック・ダイアローグ協会(事務局:NPO法人場とつながりラボhome’s vi)が開発した、グループ読書手法(アクティブ・ブック・ダイアローグ®)の普及活動を目的とした読書会です。

アクティブ・ブック・ダイアローグ協会さんは「すべての人が、本を好きになるために」を理念にABD読書会を提案しています。

この協会の事務局であるNPO法人場とつながりラボhome’s viさんは、ワールドカフェやオープンスペース・テクノロジー(OST)、ティール組織等のノウハウに基づいて、行政や大学、企業の研修や組織研究をおこなっています。(※あくまで事務局が保有するノウハウであり、ABD読書会の主催者がこれらのノウハウを保有していることを保障しているわけではございません。)

ABD読書会のマニュアルはアクティブ・ブック・ダイアローグ協会のホームページから無料ダウンロードが可能であり、認定制度もございます。

 

最大の特徴は、1冊の本を裁断し、グループに別れで読書をし、プレゼンを通じて内容を参加者同士で共有するというグループ読書方法です。

電子レンジで本をあたためてカッティングをする裁断儀式は、ABD読書会ならではの体験です。

3つの特徴

  1. 1冊の本を裁断し、グループに別れで読書をする
  2. 読書会のマニュアルがホームページで無料公開している
  3. 学校の授業や企業研修で読書会の開催に向いている

開催情報

  • 日時:不定期
  • 会場:主催者・読書会による
  • 定員:主催者・読書会による
  • 参加費:主催者・読書会による

ABD読書会の開催スケジュールを確認する

ビブリオバトル(全国)

(http://www.bibliobattle.jp/)

最後に紹介するのは、知的書評合戦『ビブリオバトル』です。

この読書会は次のような方にオススメです。

「自分の座右の書について語りたい。みんなに知ってもらいたい。(プレゼンター)」

「人前で話すのは苦手だけど、人が本について紹介する話を聞いてみたい(オーディエンス)」

ビブリオバトルは誰でも(小学生から大人まで)開催できる本の紹介コミュニケーションゲームです。

「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに日本全国で開催しています。

小中高校,大学,一般企業の研修・勉強会,図書館,書店,サークル,カフェ,家族の団欒などで広く活用されています。

 

最大の特徴は、プレゼンターが5分で紹介した本の中から、一番読みたくなった本「チャンプ本」を多数決で決定します。

「勝ち負け」を決めることが目的ではなく、スポーツマンシップに則った、自由主義的かつ民主主義的なコミュニケーションの場を目的としております。

私も、大学の講義や会社の研修、書店のイベントなどでプレゼンターとして参加させて頂きました。

読書会と大きく違うのは、プレゼンターからオーディエンスへの一方通行のコミュニケーションになってしまうという点です。

参加者同士が交流する機会が少ないため、大学や企業、サークルなどの既存のコミュニティでの開催が最も盛り上がると感じます。

3つの特徴

  1. プレゼンターが本を紹介し、チャンプ本を多数決で決定
  2. スポーツマンシップに則った、コミュニケーションの場
  3. プレゼンターからオーディエンスへの一方通行のコミュニケーションになってしまう

開催情報

  • 日時:不定期
  • 会場:主催者・読書会による
  • 定員:主催者・読書会による
  • 参加費:主催者・読書会による

ビブリオバトルの開催スケジュールを確認する

さいごに。読書会に参加するうえで大事なたった一つのこと。

今回は、5つの読書会をご紹介いたしましたが、あなたにピッタリの読書会は見つかりましたでしょうか?

最後に、実際に読書会に参加するうえで大事にしていただきたいことがあります。

それは、「ここの読書会は自分にピッタリだな。」という読書会を見つけたら、繰り返しその読書会に参加するということです。

良い読書会には、繰り返し参加されているリピーターの方がいらっしゃいます。

リピーターになるからこそ得られる情報や気づきがそこにはあるからです。

私も、ライフシフトサロン大阪読書会を開催するきっかけになったのは、自分にピッタリだと思う読書会に出会い、繰り返し参加していたからです。

せっかく休日の時間を活用して、読書会に参加されるのですから、あなたも素敵なきっかけを見つけられることを私も応援しております!

ライフシフト読書会のご案内

『SNS時代のリアルな居場所を。』

参加をご希望の方は、下記の項目を入力のうえお申込みください。担当者から会場のご連絡を差し上げます。

開催日程 (必須)

お名前 (必須)

ご年齢 (必須)

メールアドレス (必須)

要望やメッセージをご記入下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS時代のリアルな居場所を。

あなたの思いを共有してみませんか?

「学生時代に世界中をバックパックしたし、ワーキングホリデーもした。けれども今は日本で働いていて、たまに海外旅行に行くだけの何となく過ごしている毎日。」
(20代前半、女性、貿易事務)

「ビジネス書をいっぱい読んでるし、News Picksの記事も毎日チェックしている。とりあえず3年が過ぎて転職もしたけど、人生の方向性が見えない。」
(20代後半、男性、営業職)

ライフシフトサロンには、誰もがかかえる漠然とした不安や不満をもった参加者が集まり、同じ価値観を共有したり、働き方や生き方を変えるために動き始めたりしています。

参加を申し込む

コメント

コメントを残す

*