本の紹介

まとめ・要約|「おカネの天才」の育て方 一生おカネに困らないために、親が子供に伝えるべき「おカネの話」|ベス・コブリナー|読書会で紹介された本一覧

「おカネの天才」の育て方

ベス・コブリナー

(このページは2018年11月20日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

子供とお金について話そう

  • ケンブリッジ大学の研究によると、お金の管理に役立つ習慣は7歳までに決まる。
  • そのため、子供と早くからお金の話をした方がよいが、それにはルールがある。

まだ早いと思う時期から話を始める

  • 子供は3歳になるとお金の概念を理解できる。
  • 価値や交換と言った概念が分かり、我慢を知る。
  • これらの基本的なものが日常生活でのお金の役割を理解する重要な知識である。

エピソードを話す

  • たとえ話で要点を整理して伝えるのが良い。
  • ちょっとしたお金のしくじりが後で大変な事になるという実際のエピソードは子供の心に刺さる。
  • 前向きな話も同じであり、10年間こつこつと貯めたお金で夢のボートを購入したと言う話も子供に効果的な話となる。

数字を使う・数字嫌いでもかまわない

  • 具体的な数字を示すとお金を理解しやすい。
  • 「若いうちから確定拠出年金にお金を入れる事が大事」と言うのではなく、「22歳から毎月315ドルを確定拠出年金に入れておくと、65歳の時には100万ドル以上になるんだよ」と言った方がよい。

時と場所を選んで話し合う

  • 日常生活にお金の話を織り込む。
  • 例えば、息子がおばあちゃんからお小遣いをもらったら、一緒に銀行で口座を開き、金利の話をする。

子供の前で大盤振る舞いをしない

  • 子供にクレジットカードの負債の危険を話しながら、親がデパートでクレジットカードを使っていたら、子供は納得しない。
  • 子供の心に訴えるには、まずは自分がお金を管理する習慣をつける。

貯金しよう

  • マシュマロテストと言う有名なテストがある。
  • 幼児にマシュマロをあげ、直ぐに食べずに我慢すればもう1個あげると言い、我慢できるかを観察するテストである。
  • マシュマロを直ぐに食べず、我慢できた子供は大人になったとき、我慢できなかった子供よりも大きな成功を手にしていた。
  • このマシュマロの話は、貯金にも影響を与える。

お金を安全な場所にためる

  • 子供が3歳になったとき、ビンを3つ用意し、子供にお金を3つに分けるように伝える。
  • 1つ目のビンは、将来買うものに使うお金。
  • 2つ目のビンは、今すぐ買うもののお金
  • 3つ目のビンは、助けが必要な人に上げるお金
  • どうお金を分けるかは子供に任せてよいが、貯金を習慣にする事が重要である。

大まかなルールを決めてそれを守る

  • 7歳になると子供は目標に集中できるようになる。
  • そして目標達成に必要な事を受け入れるようになる。
  • 子供に貯金の習慣を身につけさせるには、「手に入れたお金の4分の1を貯める」と言うルールを教え、貯金を習慣にすると良い。

「機会損失」について考える

  • 何かを得るために何かを諦める事を「機会損失」という。
  • もし、子供に1ドルのスナック菓子毎日与えていたら、それを我慢して貯めたお金でもっと素敵なもの、例えば2週間我慢すれば15ドルの飛行機の模型が変えると伝えると良い。

金利は「タダでもらえる」方法

  • 銀行にお金を預けるメリット2つを子供に伝える。
  • 1つは、お金を安全な場所にしまってくれる事。1つは、金利を受け取れる事。

すっからかんは良くない

  • 中学生時代は、貯金を習慣化させるのに最適である。
  • 買い物で無一文にならないようにし、貯金を通じで欲しいものが購入できると言う習慣を自分でできるようにする。

借金について学ぼう

クレジットカードを使うと、もっとお金がかかる

  • 小学2年生になると、クレジットカードの概念が理解できるようになる。
  • その際に、以下のように伝えると良い。
  • 「クレジットカードで1ドルのチョコバーを買った場合、直ぐにお金を返せないと利子がついて、そのチョコバーは1ドル25セントにもそれ以上にもなる。」と。

現金を使う

  • クレジットカードを使うと、同じものに2倍の値段を支払ってしまうという研究がある。
  • カードは、子供にお金を使っていると言う実感を与えない。
  • 現金を使う方が、お金を使う「痛み」を感じる。
  • 現金を使う痛みを子供の頃から感じる習慣を身につけることが大事である。

賢くお金を使おう

「欲しい」と「必要」は違う

  • 「必要なもの」と「あったらよいもの」の違いを理解する事が賢くお金を使う土台になる。
  • 子供が何かを買う事をねだった際は、「欲しいもの」か「必要なもの」かを考えるようにする機会となる。

衝動買いは自分で支払う

  • 10代の子供には「衝動買いは自分で支払う」ように言う。
  • こうする事で、どれくらい本気で欲しいかを自覚する手助けとなる。

マーケディングに洗脳されない

  • 有名人が商品を宣伝する場合、それには広告料を企業から受け取っている事を子供に伝える。
  • 子供がSNSを使って、自覚の無いままに広告宣伝を拡散していないかを確かめ、その場合は無料の販売員として企業に利用されているのだと伝える。

お金をかけなくても幸せになれる

  • 人は、小さなものを頻繁に買うほうが、年に一度派手に散在するよりも幸せになれるという研究がある。
  • どんなにすごい高級車や大型テレビを購入しても、買ったときの興奮は直ぐに消える「快適適応」となる。
  • 子供が何か1つのものに貯金を使い果たす前に、同じ金額で小さなものがたくさん買えることを伝える。

最後に

  • 子供は親よりもいい人生を送れるという期待がアメリカンドリームの礎であった。
  • しかし、いまどきの親はそうは思っておらず、子供たちの人生は今の親世代よりも悪いものになる。
  • その中で、賢いお金の使い方を身につけることが、経済的に安定した人生を送るか、お金の心配ばかりをする人生を送るかを分けるのである。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す