生き方

まとめ・要約|信念の魔術-人生を思いどおりに生きる思考の原則|C・M・ブリストル|読書会で紹介された本一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信念の魔術-人生を思いどおりに生きる思考の原則

C・M・ブリストル

(このページは2018年10月17日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

「信念」は願いを果す原動力

  • 「できると信じればきっとできる」と言う言葉があるとおり、信念は願いを果す原動力となる。

人生は思考で作り上げられる

  • 哲学者R・W・エマソンは「われわれの行動の根源は思い―精神である。」と言った。
  • 私たちの世界は思考によって支配され、外界にあるものすべては私たちの心に存在していたものである。
  • 仏陀の言葉「万物はわれわれの思考の産物」の通りである。
  • 同様に、あなたの一生もあなたの思い(すなわち精神の思考)によって作り上げられる。
  • つまり、成功の秘訣は外界ではなくあなたの「考える力」にある。
  • スイス医学の祖パラケルススは「人間の精神は誰にも表現できないほど偉大だ。もし人間の心を正しく理解するならば、われわれにとって地上に不可能は無いはずである。信念の力によって創造は促され、意志は完成される。」と言った。
  • 指摘するべき点は、単に一生懸命働いても、これと言うような成功を成し遂げられぬ人々が多いことである。
  • ただ一生懸命に働くこと以上に大切な何かが必要なのである。
  • それは、『創造的なものの考え方』『それを成しとげられるという信念』である。
  • 求めるものは、金銭でも、名誉でも、地位でも、知識でも、何でもよく、燃えるような欲求として心に持ち続けさえすれば達成できる。

心から望むものをはっきりさせる

  • 漠然とした願望ではなく、欲求そのものが何であるかを明確にする必要がある。
  • ゴールがどこにあり、金銭など数値化できるのであればその額を明確にする。
  • 今日の流れに沿った明日を生きるのではなく、未来に何を求めるかから今日を生きる必要がある。
  • 今までに無いものを求める信念の力が内部の原動力となり、人生に新しい価値を生む。

潜在意識の働き

  • 精神医学者のフロイトは「私たちの心の中には何か強力なものがあるが、今のところ、その力にはっきりした説明を与えることができない。それは意識できる心とは全く別物で、私たちの思想、感情、行動の源としてたえず働いている。」と言う。
  • その魂、超自我、無意識と呼ばれるものを総称して「潜在意識」とすると、この潜在意識を正しく利用することが出来れば、どんなことでも成し遂げられる。

2つの意識の役割

  • 「顕在」と「潜在」の2つの意識にはそれぞれ別の役割がある。
  • 「顕在意識」は頭脳に宿っており、意識の表面に出てくる。
  • 「潜在意識」は体内にあり、意識の下に隠れている。
  • 作家、発明家など創造力が求められる仕事をする人の多くは「潜在意識」を活用してきた。

顕在意識は思考の源泉、潜在意識は力の源泉

  • 思考の源泉は顕在意識であり、理性、論理、批判、計算、道徳心などの力で外界を意識する。
  • 力(エネルギー)の源泉は潜在意識であり、顕在意識からの情報(5感を用いた体験など)を保存し、顕在意識にいつか使われるのを待つ。
  • 哲学者エマソンは「逆境に陥ったとき、あるいは危急に直面した場合は、我々の無意識の行動が常に最上のものである。」と言う。
  • 潜在意識は偉大な力の貯蔵庫なのである。

潜在意識を活用する

  • 潜在意識を活用する最も有効な方法は、イメージを描く事である。
  • 想像力を働かせ、完全な映像として心の目で実際に要求するものを見るのである。
  • これが最も効果的に現れるのは「信仰」であり、信念の力により奇跡が起こる。
  • 「信念の魔術」こそ、潜在意識を最も効果的に活用し、顕在意識を働かせ、あなたの欲求を達成させるのである。

思いを一点に集める。

  • 将来自分が望む人物になった姿を心の中に描き、そのイメージを消さずに持ち続けることが出来れば、いつか実際にその人物になることが出来る。
  • しかし、このイメージを持ち続けることが難しい。
  • それは、外界からの情報により体内の想像力を欲求へのイメージに似商店を集める事が難しいからである。
  • そのトレーニングとして、カードを使う、鏡を使うなどの方法がある。

積極的な考えで心を満たす

  • 心とは、扉が1つしかない部屋のようなものであり、鍵はあなただけが持っている。
  • つまり、心を何で満たすかはあなた自身が決めることが出来る。
  • 哲学者は昔から、幸せでありたければ、忙しく働くか、夢中になれる仕事をするに限ると言っている。
  • それは、何か1つに考えが集中していると、心の隙間に雑念が入る余地がないからである。

幸せはあなたの内側にある

  • 多くの人が追い求める幸せは、外界にではなく、自らの心の内側にある。
  • 外界の環境や出来事はそれ自体が幸福とは関係なく、心の中にどう取り込むかで幸福が決まる。
  • 積極的で創造的な思考は行動、自己実現に導き、その真の力は「行動」ではなく「思考」によるものである。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS時代のリアルな居場所を。

あなたの思いを共有してみませんか?

「学生時代に世界中をバックパックしたし、ワーキングホリデーもした。けれども今は日本で働いていて、たまに海外旅行に行くだけの何となく過ごしている毎日。」
(20代前半、女性、貿易事務)

「ビジネス書をいっぱい読んでるし、News Picksの記事も毎日チェックしている。とりあえず3年が過ぎて転職もしたけど、人生の方向性が見えない。」
(20代後半、男性、営業職)

ライフシフトサロンには、誰もがかかえる漠然とした不安や不満をもった参加者が集まり、同じ価値観を共有したり、働き方や生き方を変えるために動き始めたりしています。

参加を申し込む

コメントを残す

*