働き方

まとめ・要約|LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲|シェリル・サンドバーグ|読書会で紹介された本一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

シェリル・サンドバーグ

(このページは2018年11月6日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

男女平等の現状とあるべき姿

  • 世界195カ国ある独立国のうち、女性が首相を勤める国は17カ国に過ぎない
  • 世界の議会に占める女性議員の割合は20%程度である。
  • 実業界では、女性がトップを占める比率はさらに低く、フォーチュン500社でCEOを女性が勤める企業は4%である。
  • 米国では上級執行役員の14%、取締役の17%が女性だが、過去10年でほとんど変化が無い。

いまだに難しい、仕事と子育ての両立

  • 著者が大学に入学した1987年から、今日にかけて、女性の平等に関していまだ進歩は無い。
  • 職場は、子供を持つ母親のために柔軟な制度を用意するほど進化はしていない。

高い地位を目指す女性は少ない

  • 高学歴の労働者を供給するパイプラインは入口では女性が多くいるが、幹部職員に近づく事には圧倒的に男性が占めている。
  • この減少にはさまざまな理由があるが、重要なひとつの要因として、トップを目指す意気込みに男女差があることが上げられる。
  • マッキンゼーの調査によると、CEOになりたい男性は36%に対して女性は18%であった。
  • 高い地位を目指す男性が多ければ、彼らがそれを手に入れるのは当然である。
  • その他に女性が乗り越えなければならない課題が多いことを考えればなおの事である。

自信を持てない女性たち

  • 多くの女性は自分の業績をほめられると、詐欺を働いたような気分になる。
  • 自分は評価に値される人間だとは思わずに、たいした能力も無いのに褒められてしまったと罪悪感を覚える。
  • 十分な実力がありながら理由も無く自信を持てず悩む症状を、インポスター・シンドロームという。
  • インポスターとは「ペテン師」のことであり、このシンドロームには女性のほうがかかりやすい。
  • 女性は自分の仕事の成果を実際より低く見積もる傾向があるのに対し、男性は高く見積もる傾向がある。
  • 男性に成功の理由を聞くと、自分の資質や能力のおかげだと答えることが多い。
  • 一方女性は、自分の外に原因を求める事が多く、「幸運だから」「大勢の人に助けられた」などと答える。

男は女よりチャンスに飛びつくのが早い

  • 自分に自信を持つこと、少なくとも自身のあるふりをする事は、チャンスを掴むために必要だ。
  • 男性は女性に対してチャンスに飛びつくのが早い。
  • 女性は新天地に移る事や新しい課題を探す事に概ね慎重である。

できる女は嫌われる

  • 職場における男性像、女性像を確かめる実験を行った。
  • 実在する女性企業家のケースを取り上げ、男性として伝えた場合と、女性として伝えた場合でこの起業家の評価がどう変わるかを調査した。
  • 能力面は両者共に評価されたが、男性として伝えた場合の方がより好ましい人物との評価となった。
  • 違うのは性別のみであるにもかかわらず、印象には大きな違いが生まれた。
  • 成功と好感度は男性の場合は正比例し、女性の場合は反比例する。
  • 人間はステレオタイプ(性別、人種、国籍、年齢など)に基づいて他人を判断するのが理由である。
  • 男性のステレオタイプは、一家の大黒柱、決断力がある、リーダーシップを取る、と言った具合である。
  • 女性のステレオタイプは、家・育児をする、こまやか、献身的などである。
  • このような男性と女性は対照的な性格付けをされており、仕事で成功する為に様々な資質はすべて男の特性とみなされる傾向がある。
  • 女性が出世競争で押しのけられるのも、女性自身が競争から身を引きがちなのも、このバイアスが関係ある。

リスクをとることが飛躍のチャンス

  • 一般に女性は仕事の選択でもっとリスクをとるべきである。
  • ビジネスでは、リスク回避は停滞に繋がりかねない。
  • 長期間同じところに留まると、惰性や硬直につながり、飛躍のチャンスを逃す事がある。
  • 女性が困難に仕事や新しい挑戦に二の足を踏むのは、新しい仕事に必要な能力が自分に備わっているかに二の足を踏むからである。
  • 女性は、「自分はまだふさわしくない」と考えるのを止め、「きっとやりながら学んでいける」と考える事が良い。

共に力を

  • 先進国の女性を取り巻く状況は、かつてより改善されているが、男女平等の約束はまだ実現されていない。
  • 前に進む為の一歩は、真の平等がいまだ実現されていない事を認め、この目標達成には、政府でも産業でもトップにつく女性が増えることが必要だと認識する事から始める。
  • 第二歩目は、その為に全力で取り組み、ステレオタイプやバイアスが決意をくじき、信念を揺るがせ現状維持を続けさせてきた事を、男女を問わずすべての人が認め、理解しなければならない。
  • 今日、男性も女性も真の意味での選択肢をもってはいない。
  • パートナー同士で家事育児を分担し、雇用主と同僚からの理解を得ることで真の選択肢が生まれる。
  • 機会の平等は、その機会の活用を誰もが推奨され支援されるようになって始めて実現する。
  • これは、男女共が実現を目指す必要があり、その点で女性の機会平等には男性の協力が不可欠である。
  • あらゆる世代の男性が、リーダーの比率を変えるべく、積極的な役割を果して欲しい。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNS時代のリアルな居場所を。

あなたの思いを共有してみませんか?

「学生時代に世界中をバックパックしたし、ワーキングホリデーもした。けれども今は日本で働いていて、たまに海外旅行に行くだけの何となく過ごしている毎日。」
(20代前半、女性、貿易事務)

「ビジネス書をいっぱい読んでるし、News Picksの記事も毎日チェックしている。とりあえず3年が過ぎて転職もしたけど、人生の方向性が見えない。」
(20代後半、男性、営業職)

ライフシフトサロンには、誰もがかかえる漠然とした不安や不満をもった参加者が集まり、同じ価値観を共有したり、働き方や生き方を変えるために動き始めたりしています。

参加を申し込む

コメントを残す

*