働き方

まとめ・要約|没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術|吉田 尚記

(このページは2018年10月3日に更新されました)

没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術 | 吉田 尚記

予防医学の目標、言い換えれば予防医学的な「幸せ」は、「ワクワクして目が覚めて、夜満ち足りて眠る」と定義されているそうです。

(中略)そう、今ってこれとほぼ正反対な毎日を送っている人が多いと思うんです。

(『没頭力「なんかつまらない」を解決する技術』吉田尚記p.29)

人間が幸福を感じるための3つの要素(全米心理学会長 マーティン・セリグマン「ポジティブ心理学」)

  • 快楽
  • 意味
  • 没頭

私は実のところ、「幸せ」と言う言葉が大嫌いだ。幸せという言葉はあまりに乱用されていて、ほとんど意味を成さない言葉となってしまっている。

(『ポジティブ心理学の挑戦』マーティン・セリグマンp.22)

没頭の条件(チクセントミハイがまとめたフロー状態)

  1. ゴールが明確で、進捗が即座にわかる
  2. 専念と集中、注意力の限定された分野への高度な集中
  3. 活動と意識の融合が起こる
  4. 自己の認識や自意識の喪失
  5. 時間間隔の歪み
  6. 状況や活動を自分でコントロールできる感覚
  7. 行動そのものに本誌素敵な価値を見出している
  8. 能力の水準と課題の難易度とのバランスがいい

没頭する仕組みは①、⑥、⑧。まとめると、下記の通り

  • 「自分なりのルールを決める」
  • 「結果が得られるまでのスパンを短くする」
  • 「自分のスキルより4%難しいことに挑戦する」

没頭の条件

  • 没頭する為のステップは「不安→開き直り→没頭」である。
  • 不安は自分にとって本当に価値があるものに対してしか生まれない。
  • 自分にとって本当に価値のあるものを見つけるためには、「当たり前」と言う常識から離れて、自分の中の違和感を明らかにすることが大切。
  • そしてその不安を認めて、開き直らない没頭は訪れない。
  • 開き直る為に効果的なのは、自分の中のプラスのモチベーションを強化すること。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す