本の紹介

まとめ・要約|道は開ける|デール カーネギー|読書会で紹介された本一覧

道は開ける

デール カーネギー

(このページは2018年11月20日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

悩みに関する基本事項

  • 「悩み」は人間が直面する重大問題の1つである。
  • たいていの人は、悩みを克服したいと思いつつ、引きずりまわされている。
  • 悩みを克服する為には、以下の3つの「悩みに関する基本事項」を知る必要がある。

今日1日を生きる

  • 「我々にとって大切な事は、遠くにぼんやりと存在するものに目をやるのではなく、手近にはっきりと存在することを実行することだ。」(トマス・カーライル)
  • この言葉の意味するところは、「今日1日区切りで」生きることである。
  • 全知全能を傾け、今日の仕事を今日中に仕上げるのである。
  • その日の生活から、過去と未来を締め出すことで、機能の重荷と明日の重荷から開放するのである。
  • 「明日の事を思い悩むな」というキリストの言葉や、「今日、1日区切りで生きる」という言葉に注意していたら、幸せ生活が送れる。
  • 悩みと縁を切りたいのであれば、今日のために生きる。

悩みを解決する魔術的公式

  • 悩みを手っ取り早く解決する方法は、失敗に悩むのではなく、その事態に対処する方法を考える事である。
  • その方法は以下の3段階で成り立っている。
  • 第1「状況を大胆率直に分析し、その失敗の結果生じる最悪の事態を予測する。」
  • 第2「最悪の事態を予測したら、やむを得ない場合にはその結果に従う覚悟をする。」
  • 第3「これを転機として、最悪の事態を少しでも好転させるように冷静に自分の時間とエネルギーを集中させる。」
  • 悩みの最大の欠陥は、集中力を奪う事である。
  • そのため、最悪の事態を想定し、それに対する心の備えを固めれば、問題解決に集中できる。

悩みがもたらす副作用

  • ノーベル医学賞を受賞したアレクシス・カレル博士は言う。「悩みに対する戦略を知らないビジネスマンは若死にする。」と。
  • ある医師によれば、患者の7割は不安や悩みを取り除きさえすれば、全快するといる。
  • 代表例として、精神的消化不良、胃潰瘍、心臓病、不眠症などである。
  • 悩みが健康と言う法外な代償を支払っている事を知る。

悩みを分析する基礎技術

  • 数々の悩みに対処するには、問題を「事実の把握」「事実の分析」「決断・実行」の3段階に分けて処理する事が必要。

事実の把握に関していえること

  • 「悩みの大半は、判断の根拠となる知識が十分でないのにあえて判断を下そうとするから生じる」
  • 「誰でも時間の許すかぎり、公平な客観的立場で事実を集める事に専念すれば、普通の場合、悩みなど知識の光によって蒸発してしまう。」
  • だが、現実にはあることで悩み始めると、自分の行為や抱いている偏見を正当化する事実、自分の希望的観測に好都合な事実ばかりを探し、他を無視してしまう。
  • これでは、問題に対する答えが得られなくなり、「公平な客観的」態度で事実を集めなければならない。

事実を客観的態度で眺める為のアイディア

  • 「事実を把握しようとする際に、情報集めは自分の為ではなく、誰か他人の為なのだと思う。」
  • 「自分を悩ましている問題について事実を集めるときは、自分を自分の反対側に立って反論使用としている弁護士とみなし、反論を加える準備をしているつもりになる。つまり、自分に不利な事実をすべて把握するよう努める。」
  • こうすると、事実に対して冷静かつ公平な観察ができ、感情を取り除く事ができる。
  • このように悩みを解決する為の第一歩は事実の把握にある。
  • 公平な態度で事実を集める事が大事。

事実を分析、解明する。

  • 事実を紙に書き出し分析すると、作業が容易になる。
  • 全体の事実を慎重に比較検討し、決断する。
  • 決断後、実行する際は、その結果に対する責任や不安は捨て、考え直したりためらったりしない。
  • 問題をある程度以上に考え続けると、混乱や不安が生じる。

悩みの習慣を断ち切る6つの鉄則

  • 悩みは1つの習慣といえ、この習慣を断ち切る為には以下の6つの鉄則を実践する。

①忙しい状態でいる

  • 人は忙しいときには悩まない。人は1つの事しか思考できないからである。
  • 「惨めな気持ちになる秘訣は、自分が幸福であるか否かを考える暇を持つことだ。」とジョージ・バナード・ジョーは言う。
  • 忙しく働き、多忙を求め、維持する事がもっと安価で絶大な効果のある治療薬。

②小事で心を乱さない

  • 些細な出来事「気分をイラつかせるもの」に気を悩ませることがある。
  • 事実、刑事裁判の大半はつまらぬ事が原因である。
  • 心の安らぎを得たければ、小事にこだわらない。人生はあまりにも短いのである。

③記録を調べる

  • 悩んだ事の99%は実際には起こらない。
  • 記録を調べて自分の悩みが正当なものかを判断すれば、悩みの9割は解消される。
  • 今後悩む事があったら、まずは記録を調べ、自問する。「不安の種になっている事柄が実際に起こる確率はどのくらいか?」と。

④避けられない運命に調子を合わせる

  • 長い人生を歩む際に、どうにもならない不愉快な立場に立つことがある。
  • それはどうしようもないが、選択肢はある。
  • その立場を天命として受け取り、自分を順応させる事もできるし、一生を台無しにしてまで反抗し、神経衰弱することもできる。
  • 哲学者ウィリアム・ジェームズは言う。「物事をあるがままの姿で受け入れよ。起こったことを受け入れることが、不幸な結果を克服する第一歩である。」
  • ショーベンハウエルは言う。「諦めを十分に用意する事が、人生の旅支度をする際に何よりも重要だ。」
  • 避けようのないものに反抗しても、変える事はできないが、自分を変える事はできる。
  • それに抵抗を続けると、市内に内面的な葛藤が生じ、不安になり、ノイローゼになる。

⑤悩みに歯止めをかける

  • 株式売買の基本原則の1つに「ストップ・ロス・オーダー」がある。
  • 損失を大きくしない為の歯止めであるこの理論を応用すれば、自分の短期・癇癪・後悔などのあらゆる精神的緊張に対処できる。
  • 「この状況はこの程度のイライラで十分だ」と自分に言い聞かせ、その状況を終わらせるのである。
  • ベンジャミン・フランクリンは言う。「人間の不幸の大部分は、人々が物の値打ちを誤って評価してしまい、それぞれの呼子笛に対して代金を払いすぎているところに原因がある」と。
  • 悩みで身を滅ぼす前に、一度立ち止まって以下の3つの問いを考える。
    1. 悩んでいることは、実際にどの程度重要か
    2. この悩みに対するストップ・ロス・オーダーをどの時点で出して、それを忘れるべきか
    3. この呼子笛に対していくら払えばよいか

⑥おが屑を挽かない

  • 実際に起きた出来事を変える事はできない
  • その過去を建設的なものにする方法は1つしかない
  • 過去の失敗を冷静に分析し、何かの足しにする。それ以外は忘れ去る。
  • 過去既に終わった事についてクヨクヨ悩むのは、おが屑を挽こうとしているのと同じである。
  • 過去を元通りにすることはできないのだ。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す