働き方

まとめ・要約|ギグ・エコノミー 人生100年時代を幸せに暮らす最強の働き方|ダイアン・マルケイ|読書会で紹介された本一覧

ギグ・エコノミー 人生100年時代を幸せに暮らす最強の働き方

ダイアン・マルケイ

(このページは2018年11月20日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

ギグ・エコノミーの時代

  • 「ギグ・エコノミー」これは、終身雇用ではなく、”ギグ(単発の仕事)”を基盤とした新たな労働・経済形態のことである。
  • コンサルティングや業務請負、アルバイト、派遣労働、フリーランス、自営業、副業のほか、オンラインプラットフォームを介したオンデマンド労働などが当てはまる。

働き方の変化

  • ギグ・エコノミーはまだ発展の初期段階だが、既に人々の働き方を大きく変えようとしている。
  • 1つ前の世代では、正社員としてフルタイムの職に就き、定年まで同じ会社に勤めるか、転職してもせいぜい1回と言うのが当たり前であった。
  • 安定した昇給、手厚い福利厚生、退職金などを期待して、人生の見通しを立てることができた。
  • しかし、今の若者が足を踏み入れる仕事の世界は、全く異なり、3~5年で転職を繰り返すプランを描いている。
  • 収入が安定して増えることは想定しておらず、独立して高収入が狙える一方、逆に収入が減る事もある。
  • 今日の労働者は柔軟性や自主性、働く目的や意義との一貫性などを重視し、これらの要素が揃った仕事なら収入がいくら減ってもかまわないと考える傾向が強い。
  • 現在の労働者は、「1人の従業員につき1つの職務」と言う伝統的な就業モデルに不満を抱いている。
  • ギャラップ社が2014年にアメリカの従業員を対象に実施した調査によれば、自分の仕事にやりがいや愛着を感じていると答えた割合は3分の1未満であった。
  • 一方、組織に雇われていない独立した就業者は、仕事に満足してや利害を感じている場合が多いことが判明した。

なぜギグ・エコノミーは拡大していくのか

  • ギグ・エコノミーが拡大している背景には、近年の2つのトレンドがある。
  • 1つはフルタイムの仕事が減っている事。もう1つは多くの企業でフルタイム従業員を敬遠するようになったことがあげられる。
  • アメリカの民間の雇用増加率はかつて2~3%であったが、現在は1%未満となっている。
  • 雇用創出がこれほど減速している原因の1つに、新興企業の勢いがなくなったことがあげられる。
  • 新興企業はかつて年間300万人の雇用を創出していたが、近年は200万人程度まで減少している。
  • そして、既存企業は事業規模の縮小、組織再編などによりフルタイムの仕事を減らし、費用の削減や柔軟性・効率性の向上を目指し、フルタイムの仕事を細かいプロジェクトや作業に分割して、自動化や外部委託を勧めている。
  • アメリカではフルタイム従業員を雇うと、独立請負人と比べて人件費が3~4割高くなる。
  • このような状況の中で、従業員を独立請負人に切り替える流れが加速している。
  • 従業員と業務請負人の経済面の格差が変わらない限り、独立労働者への需要は伸び続ける。

ギグ・エコノミーの規模

  • ギグ・エコノミーの現在の規模を正確に把握するのは難しい。
  • それでも最近、ギグ・エコノミーが急速に加速している事を示す研究結果が出てきている。
  • ハーバード大学の経済学者は税務データーを分析し、以下の事実を解明した。
    1. アメリカで非伝統的な働き方をしている労働者は、2005年の10%から2015年の8%に増加した。
    2. 事業経営や個人事業による自営業所得・損失の納税申告を提出した割合は1980年の5%から2014年に16%に増加した。
    3. 2005年から2015年におけるアメリカ就業人口の純増は、すべて非伝統的就業形態によるものであった。
  • 現在はまだ、フルタイム雇用が就労モデルの圧倒的多数を占めているが、野党側も雇われる側もこのモデルから徐々に離れている。

ギグ・エコノミーの成功法則

働く場を分散させる

  • ギグ・エコノミーの時代には、多角化こそが標準となる。
  • 働き方を多角化すればリスクが減り、新たなチャンスが舞い込む。
  • 既にあるスキルを・経験・興味を活かして複数のギグからなる多角的ポートフォリオを整える事が、ギグ・エコノミーで成功する鍵である。
  • 企業は事業や収益源を多角化することで、リスクの軽減と利益の増大を図る。
  • 個人も同様に多角化することが重要であり、雇用主が1社、収入源が1つと集中する事はリスクが高い。
  • 多角化はこのリスクを和らげると共に、新しいスキルを身につけ、将来のチャンスを増やすきっかけを与えてくれる。

生活保障を設計する

  • 企業の倒産は、かつて無いほど多くなっている。
  • アメリカを代表するスタンダード&プアーズ(S&P)500社の平均寿命は1920年の67年から現在は15年に短くなっている。
  • かつては安定をもたらした優良企業も、今日では解雇やリストラなどの切捨てが行われており、動労者の雇用保障は無い。
  • 雇用が生活の安定を保証してくれないので、自分で安定を手に入れるしかない。
  • ギグ・エコノミーはスキルを基盤とする経済であり、これからの労働市場では学位や肩書きなどの伝統的な成功指標よりも、雇用主や顧客に提供できる具体的なスキルと能力が求められる。
  • 現代は、様々なスキルを1人で身につけるのが簡単な時代であり、オンライン学習のプラットフォームなどでプログラミングのスキルなどを身につけることができる。
  • 将来のチャンスに向けて、つめを研ぐ必要があり、人脈を広げ、興味のある仕事の情報を集め、新しいギグの芽を育てるのである。
  • また、副業を持ったり、資産を活用したりして収入源を複数持ち、経済的リスクの軽減、経済的安心感の向上、解雇などのダメージの緩和が必要になる。

リスクを軽減して不安に立ち向かう

  • 不安は、夢を叶える可能性を狭めて人間を日常の生活に縛り付ける最大の敵である。
  • 不安やリスクは真正面から向き合うと分析しやすくなる。
  • 具体的には、最も恐れている事を紙に書き出し、客観的に評価・検証をする。
  • 次に、最悪のシナリオが実現する条件となる具体的なリスクを書き出し、自分の不安が現実になる可能性を確認する。
  • 最後に、リスクを軽減する為に行動計画を作る。
  • ギグエコノミーでは、多くのチャンスと見返りが得られるが、リスクも高くなる。
  • 不安にとらわれず、最良のキャリアを追及するために、不安と向き合いリスクを減らす。

柔軟性のある家計を組み立てる

  • ギグ・エコノミーでは金銭感覚を見直す事が求められる。
  • 今や雇用の保証は無く、収入が変動する事が当たり前の世の中であり、成功する為には、固定費を低く、貯蓄を多く、借金を少なく、経済的に柔軟な家計を組み立てる必要がある。
  • 生活に心から望んでいるものが何であるかを明確にし、生活の再構築を行うことで、経済的安定と自由をもたらしてくれる。
  • そうする事で、不安が軽減され、会社勤めへの経済的依存が抑えられる。
  • ギグ・エコノミーで成功するには、経済的柔軟性を高め、意識的な資金管理方法を採用する必要がある。
  • 定収入が無い為、経済的生活の見直しと再構築を行い、優先事項に沿った支出をし、常に収入以下の生活をし、大きな支出を管理し、貯蓄に力を入れる。

所有からアクセスに切り替える

  • ギグ・エコノミーでは、モノの所有から、アクセスに切り替える可能性が広がっている。
  • 購入せずにレンタルし、所有せずにアクセスすると言う選択肢は、柔軟で安上がりと言う利点がある。
  • 多額の資金を費やし所有する必要は無く、必要なときにアクセスすれば安く済む。
  • 自動車(ウーバー)、自転車(シティバイク)、衣類(レント・ザ・ランウェイ)など、様々なものをレンタル・アクセスできる時代である。
  • 住宅購入に関しても、経済的な側面ではリスクが高い。
  • 現在、世界で富の格差が広がった原因の1つに、中間層の資産を住宅に課題投資した事があげられる。
  • その為、2008年のサブプライムローンで大打撃を受けた。
  • アクセスこそが新時代の所有である。
  • アクセス・エコノミーが拡大すれば、経済は変容し、住宅や自動車を所有せず、かつて購入していた消費財はレンタルされ、経済的影響は幅広いものになる。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す