その他

【副業バレてリストラ⇨フリーランス】4日目|インスタグラムを再開する

この記事では、私がフリーランスになってからの日々を赤裸々に告白していきます。

フリーランスになった経緯はこちら

新たな顧客を創造する

ひとりミーティングを行った結果、今の本業では収入が不安定なことが判明し、自分のビジネス拡大に向けて新たな一手を打つ必要性が見えてきました。

ちなみに、私の本業はフリーの薬剤師として活動をしているため、薬剤師としての仕事の見直しを行いました。

企業の目的は顧客の創造である。顧客を創り出すためには、マーケティングとイノベーションという2つの機能が必要だ。(ピーター・ドラッカー)

ドラッカーの言葉の通り、新たな顧客の創造が今私がするべき最重要課題です。

そのため、新たなマーケティングの手法を見出す必要があります。

【副業バレてリストラ⇨フリーランス】の記事を執筆する前に、【SNS素人の元コンサルがインスタマーケにチャレンジ】という記事を書いておりました。

こちらの記事は、以前からSNSマーケティングの重要性を感じていたため、その方法を体系化しようと整理したものです。

一般的なマーケティングを用いて薬剤師の仕事をしていましたが、完全なフリーランスになった今、インスタグラムを用いたマーケティングにチャレンジすることにしました。

インスタグラムを再開する

とは言ったものの、フリー薬剤師としてのインスタグラムのアカウントはおろか、SNSアカウント全般を持っていいなかった私は、一から作り直しをしなければなりません。

それでは時間がかかってしまうので、並行して当記事でもご紹介をしている「ライフシフト サロン」のインスタアカウントを再開して運用をしてみることにしました。

ライフシフト サロンは4年以上継続している、私のライフワークのようなものです。

元々は、コンサル時代に働き方に真剣に悩んでいた私は、リンダグラットン著「ライフシフト 」に出会い、人生の大きな転機を迎えました。

当時の私と同じように、働き方や生き方に不安や不満を持っている方に力になりたいとの思いからスタートをして、たくさんの方とのご縁をいただきました。

生活の手段としての薬剤師よりも、ライフシフト サロンの活動の方が、私のビジョンを体現している。

であれば、まずはライフシフト サロンでインスタを楽しく使ってみて得られた経験を本業の薬剤師の活動に当てていく。

そんな思いでインスタを再開することにしました。

意外とフォロワー数は変化していなかった

この写真は、実際の私のインスタアカウントの画面です。(2020年10月8日現在)

このインスタを運用していたのは、2020年6,7月の2ヶ月だけで、その当時のフォロワーは約300名でした。

稼働をストップしたアカウントを開き直すのは案外勇気がいるもので、ストップしてから一度も開いていませんでしたが、久々に開いたらフォロワーは279名と多くの方がフォロー停止をせずにいてくださったことに気づきました。

もう一度、このインスタを活用して、インスタマーケティングのPDCAを回し、その学びをnoteで発信していこうと決めました。

もしよろしければ、インスタも応援をいただけると幸いです。

インスタアカウント名:hero_is_yourself

最後に

今のまま仕事を続けることに危機感を持っている。

けど、一歩を踏み出す勇気が持てず、現状に甘んじている。

具体的な手段を探しても、転職?副業?独立?どれもイメージがつかない。

そんな不安を持った20代30代ってたくさんいると思います。

会社に副業がバレてリストラ、フリーランスになった私の体験談が少しでもお役に立てれば幸いです。

今後も私のリアルな体験談を発信していく予定です。ご興味ある方は「ライフシフト サロン」をぜひ応援ください!

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

ライフシフトサロンHP

コメントを残す