その他

【副業バレてリストラ⇨フリーランス】2日目|スケジュール管理だけでは不十分と気づく

この記事では、私がフリーランスになってからの日々を赤裸々に告白していきます。

フリーランスになった経緯はこちら

自由になり12時起床が当たり前になった

フリーランスになり、自由な時間を手に入れた私は、昼過ぎまで眠ることが当たり前になってしまいました。

当初は出社時間に縛られない開放感を味わっていましたが、このまま自己管理ができない廃人の様な生活になってしまうのではないかと言う不安に苛まれました。

「自由になったら毎朝朝寝坊ができる!」と思っていましたが、実際は怖くて全くできないのだと気づきました。

そして、定時に出社するサラリーマンの様に強制される時間管理の有難さを初めて実感しました

ネットで「フリーランス スケジュール管理」などと検索しても、やはり同様にスケジュール管理の重要さを書いた記事がたくさん見つかりました。

そこで私は1日のスケジュール管理を作成することにしました。

スケジュール管理による習慣化の力

スケジュール管理とは、習慣化をすることです。

習慣は無意識のレベルに落とし込むことです。

例えば、毎朝の歯磨き、定時出社などは、意識をしなくても毎日実行しています。さながらオートメーション化されたプログラムの様に正確に実行を繰り返します。

成功法則に関する本でもよく「無意識・潜在意識の力を活用する」ことがたびたび紹介されます。ある論文では、1日の行動の9割は無意識でやっているとの報告があるほどです。(出典:ジェラルド・ザルトマン『心脳マーケティング』)

成功とは、日々の地道な行動の積み重ねによって手に入れるものです。

そして日々の行動の9割は無意識下で行われています。

つまり、習慣によって、目標達成において重要なtodoを無意識下に落とし込むことができれば、成功に向けた行動に注力する自分づくりができるのです。

スケジュール管理とは、習慣化によって無意識・潜在意識の力を活用して、目標達成を目指す強力なツールなのです。

歯磨きを10年継続してもプロにはなれない

では、習慣化をすれば目標は達成されるのか?

結論から言えば、習慣化だけでは目標達成は不可能であり、スタートラインに立ったにすぎません。

以前お会いした経営者の方が興味深いことをおっしゃっていました。

あなたは、こなす様に今の仕事をしていませんか?

こなす仕事を続けていては、10年20年経っても成長はありません。

30歳になった私は、30年間歯磨きを続けてきましたが、歯磨きのプロではありません。

10年、20年前と比較しても私の歯磨きのスキルは全く上達をしていないでしょう。

なぜなら、毎日歯磨きの習慣があったとしても、無意識にこなしているだけでは、そこに上達はないからです。

あなたの仕事も歯磨きの様にただ、こなしているだけになっていませんか?

フリーランスとして独立をするということは、その道のプロになるということだと私は考えています。

しかし、その道のプロとして生き残るためには、みんなが当たり前にやっていることを自分もやるだけでは成功はありません。

プロ野球選手はみんな1日10,000回の素振りをしています。自分も1日10,000回の素振りをしているだけでは不十分なのだと気付きました。

プロになったら、一日何百本のシュートや素振りなんか誰でもやっている。そんなものを努力とは呼ばない。

(出典:元プロ野球選手 掛布雅之)

努力は必ず報われる。報われない努力があるとするなら、それはまだ努力とは呼べない。

(出典:王貞治)

習慣+PDCAで自己成長を目指す

では、プロとして生き残る人間とそうでない人間の違いは何か?

それは、PDCAを回しているかどうかです。

ただ単にバットの素振りをするのではなく、シチュエーションと目的を決め、それが達成できたかどうか、なぜできなかったのかという考察を繰り返していくことで、初めて成長が得られるのです。

元野球選手である鍛治舎監督が熊本県の秀岳館高校の甲子園出場を果たすために練習にPDCAサイクルを導入したことはとても有名な話です。

1日のスケジュールを決めてPDCAを回していく

そこで私は、まずは1日のスケジュール管理を決めて、継続をする。そして振り返りを行い行動修正をすることを決めました。

具体的には下記のtodoを毎日実行していく予定です。

【毎日の習慣】

午前

  • 毎朝起床時に30分間の1人MTGをする(フランクリン手帳の活用)
  • 1日1記事をHP,noteに掲載する
  • インスタ、ツイッターを使用する

午後

  • 本業に注力する(詳細は省略)

就寝前

  • youtubeでMUP竹花さん、メンタリストDaiGoなどの動画を見る
  • 読書をする
  • 日記をつける
  • ストレッチをする

詳細は省略しますが、まずは日々のスケジュールを決めて習慣化し、1週間、1ヶ月後に振り返って行動修正をしていくことに決めました。

最後に

今のまま仕事を続けることに危機感を持っている。

けど、一歩を踏み出す勇気が持てず、現状に甘んじている。

具体的な手段を探しても、転職?副業?独立?どれもイメージがつかない。

そんな不安を持った20代30代ってたくさんいると思います。

会社に副業がバレてリストラ、フリーランスになった私の体験談が少しでもお役に立てれば幸いです。

今後も私のリアルな体験談を発信していく予定です。ご興味ある方は「ライフシフト サロン」をぜひ応援ください!

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

ライフシフトサロンHP

コメントを残す