本の紹介

まとめ・要約|ファンベース|佐藤 尚之|読書会で紹介された本一覧

ファンベース

佐藤 尚之

(このページは2018年11月20日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

ファンベースが必然な3つの理由

  • ファンベースとは、「ファン」を大切にし、ファンを「ベース」(土台・支持母体)にして、中長期的に売上や価値を高めていく考え方である。
  • ファンとは、「企業やブラント、商品が大切にしている『価値』を支持している人」を意味する。

ファンは売上の大半を支え、伸ばしてくれる

  • ある有名飲料ブランドメーカーでは、たった8%のコアファン(企業やブランド、商品が大事にしている価値を強く支持する人)によって、消費量(売上)の46%が支えられている。
  • 一般のファンを含めると売上の90%を支えている。
  • ファンは売上の大黒柱であり、ファンを大切にして「ファンであり続けてもらう事」が、収益の安定に直結する。

時代的・社会的にファンを大切にする事が重要

  • 経済が伸び、商品が売れていた時代の名残もあり、マーケティング目的を「新規顧客の獲得」に置く企業は多い。
  • しかし時代は変化し、日本人口は2008年をピークに激減し、40年後には4000万人がいなくなる。計算上毎年100万人人口が減少する。
  • この事実をふまえると、新規顧客を増やす道は茨の道である。
  • また「ウルトラ高齢化社会」が到来し、2020年には女性の半数が50歳を超え、2024年には全国民の3人に1人が65歳以上となる。
  • 高齢者は先行きの不安から消費を控え、保守的なため新規商品に手を伸ばす事が減る。
  • 高齢者が急増する社会は「新規顧客が減る社会」なのである。

ファンが新たなファンを作ってくれる

  • 今日、世界には商品や情報が溢れており、その中で「自分にピッタリの商品」「自分のツボにはまるエンタメ」にどうすれば会えるのか。
  • 検索しても、自分のつぼに当てはまるものは出てこない。しかし、友人が進めるならば話は別である。
  • なぜなら、友人とは「価値観が近い」からである。
  • 価値観が近い友人がツボにはまるコンテンツは、自分もツボにはまる可能性が高い。
  • 特に注目したいのが「類友(強いつながりを持つ5~15人)」であり、その背後には「弱いつながりを持つ50~500人」がいる。
  • 類友が「自分の言葉(本音)」で褒めていたら心を動かされる。
  • この自分の言葉「オーガニックな言葉」はが友人に届く「オーガニック・リーチ」ことが情報や広告に飽き飽きしている生活者に「最強に届く方法」である。
  • 普通だとスルーされがちな「企業からの都合のいい一方的な情報」も、類友のオーガニック・リーチならば受け取ってもらえる可能性が高い。
  • その類友がファンとして熱く語ってくれたら、購入に至る可能性が高いばかりか、類友と同じファンになる確立も高い。
  • ファンは周りの類友をファンにしてくれるのである。
  • ファンが言いたくなるような状況を作るのが『ファンベース施策』である。

ファンの指示を強くする3つのアプローチ

  • ファンベース施策で一番間違えられやすいのは、「全員ファンになってもらいたい」と望むことである。
  • ファンは少数であり、全体の20%程度である。
  • その少数に好いてもらう為に、以下の3つが必要である。
    1. その価値自体をアップする「共感」
    2. その価値を他に変えがたいものにする「愛着」
    3. その価値の提供元の評価・評判をアップする「信頼」

「共感」を強くする

  • 共感とは、「そうそうそれ!」と強く膝を打つような感情のことであり、「共感ポイント」を強化することが重要である。
  • しかし、自社の価値を明確化していない企業は多く、その場合はファンの言葉に耳を傾ける必要がある。
  • ファンの言葉に企業が気づかない共感ポイントがたくさん隠れている。
  • ファンの声を聞くためにファンミーティングを開き、「マニアックな話=偏愛」を通じた「発見」をする。
  • ファンは「この商品を友人に勧めても大丈夫か」と不安にさいなまれており、ファンに自信を持ってもらうことが必要であり、その為には「他のファンのオーガニックな言葉を読む」ことで安心して友人に進められるようになる。

「愛着」を強くする

  • 愛着が強くなればなるほど商品は長く使われるようになり、くりかえし購入され、唯一無二の存在になる。
  • 商品のストーリーがファンに愛着を起こさせ、重要なコンテンツとなる。
  • ファンが気軽に参加できる場(ネット上も可)としてファン・コミュニティを作り、思いを共有し、企業や製品ブランドの体験を増やす事が確実に愛着を強くしていく。

「信頼」を強くする

  • ファンの支持を強くする為には、その価値提供元(=企業)の評価・評判も高める必要がある。
  • その為には、丁寧かつ地道に培われた「信頼」が不可欠である。
  • 「この企業の製品なら間違いない」というゆるぎない信頼を得る為には、「信頼されない要素」を1つずつ消していく。
  • そして、「間違いない」「ちゃんとしている」部分をきちんと見せていく。
  • 研究開発や製造工程の公開はその一例である。

支持をより強くする3つのアップグレード

  • ファンベース施策として「共感・愛着・信頼」施策をきちんとする事が重要であるが、より支持が強いコアファンを作るためには「熱狂」「無二」「応援」の3つのアップグレード施策が必要である。
  • 「共感→価値自体をアップさせる→熱狂」
  • 「愛着→もっと他に変えがたいものにする→無二」
  • 「信頼→評価・評判をもっとアップさせる→応援」
  • 全部やる必要は無く、どれかを小さく始めて継続する事でコアファンが見えてくる。
  • 「熱狂」に関して言えば、コアファンは価値を支持してくれるため、価値を前面に出せば出すほど共感が強くなり、「身内」となる。
  • 「無二」を作る体験をセッティングすると、ファンは一生ブランドについていく。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す