働き方

まとめ・要約|志を育てる-リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために|グロービス経営大学院|読書会で紹介された本一覧

志を育てる-リーダーとして自己を成長させ、道を切りひらくために

(このページは2018年10月3日に更新されました)

はじめに

「トレンド本や名著をかいつまんで、要約を知りたい。」

「ビジネス書を読み始める前に、概要を押えておきたい。」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

はじめまして。

私はライフシフトサロンのWEB担当をしている、長谷川と申します。

3年前に就職で大阪に引越しをしてきて、同じ価値観でつながるコミュニティを探して様々なイベントやコミュニティスペースを渡り歩いてきました。

現在は関西で一番最初に始めたライフシフト読書会を大阪、京都、神戸で開催しています。

 

読書のいいところは、その分野の専門家の知識を得られること。

また、ある調査では20代、30代のビジネスマンは1ヶ月平均0.26冊の本を読むのに対し、30代で年収3000万円の人は平均9.88冊の本を読むそうです。

孫正義やビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットのような大富豪も多読家であることで有名です。

その一方で、「社会人は忙しすぎて、ゆっくり読書をしている時間が無い」という声をよくお聞きいたします。

そこで本記事では、私が読んだ本の中から、20代、30代の生き方や働き方を考える上で価値ある情報を要約しております。

本を読む暇が無い方は、本の要点のみを知るために、読むべき本を厳選したい方は、本選びの参考として、本記事を活用いただけたらと思います。

今後はこれらのまとめを引用しながら、考察を別記事にまとめていく予定です。

年間100冊以上の本を読んでいる、読書家ならではの視点で、要点をまとめてみようと思います。

 

あなたの素敵な本との出会いの一助となれば幸いです。

それではまいります。

「志」とは何か?

  • 古今東西、多くの偉人が志の大切さを説いている。
  • 明治維新の志士たちの精神的支柱となった、「陽明学」の王陽明は「志が立たねば、天下のことは何一つ成し遂げる事ができない」と語っている
  • グロービス経営大学院が志とは何か、醸成のプロセスについて検討調査した。

「志」が意味するもの

  • 「志」についてインタビューをした結果、「自分の生きる証」「乗り越えるもの」「心から湧き出るもの」など、十人十色の定義がかえってきた。
  • そこで、「志」を「一定の期間、人生をかけてコミットできるような事(目標)」と定義した。
  • 志には「一生涯を通じて達成する高尚(大志)」と「一定期間人生をかけてコミットする目標(小志)」に分けることが出来、ここでは小志を扱う。

「志」はいつ生まれるのか

  • 大志の自覚には「小志の積み重ねの中で大志を形作る」というプロセスを経るが、その過程には、小志から大志を見つけるプロセスと、大志を掲げて小志の積み重ねで具体化していくプロセスの2パターンがある。
  • 目の前の仕事(小志)に一心不乱に取組むことで、人生のテーマを見つけるのであって、はじめから高尚な大志をもっている人は少数である。

志醸成サイクル

  • 志の成長過程を考える上で、人生の過程を考える事は有効である。
  • 幼少期は自らの考えではなく、親が与えるきっかけで行動する。
  • その行動には、期限のあるもの(受験等)と期限のないもの(スポーツや音楽)があるが、期限のないものであっても、大会や発表会などの期限付きの目標があり、「一定の期間、人生をかけてコミットする」経験を通じて「志」が生まれる。
  • 志は以下の5つのフェーズをサイクルし成長する。

客観視

  • 「一定の期間、人生をかけてコミットする」経験が終了すると、目標に盲目的に取組む状況から、自分のやってきた事の意味を理解する状態に移行する。
  • 転勤、留学、移動、プロジェクトの終焉、勤務先の倒産など、自分の状況を何かと比較せざるを得ない状況になる場合にこのフェーズに入る。
  • 自分の強み、弱みについて新たな気づきを得て、真の強みを活かすために何を始めるかを考えはじめるタイミングである。

自問自答

  • 客観視の後に、自身をより深く、細かく理解する段階に移行する。
  • 自身の欲求、願望、特性などをたな卸しし、自分が本当にやりたい事は何かを模索する期間である。
  • 志のサイクルを回す人の特徴はこの「自問自答」の段階から逃げない事である。
  • 日々の忙しさを理由に自問自答から逃げてしまうと、志を醸成する事はできない。
  • 苦しみながら、一定の情報を頭に蓄積していく事が重要である。

新たな目標の設定

  • 自問自答の結果、新たな取り組みを考えるフェーズに徐々に移行していく。
  • その過程は「自ら創出する場合」と「他者が与えてくれる場合」がある。
  • 前者には「移動・転職」や「起業・独立」などがあり、その為の準備が重要である。
  • これらを実践する人の特徴は「できる」「どうにかなる」という自信(自らの可能性への信頼の裏返し)があり、準備が出来ていた事を意味する。
  • 後者には「人事異動」「ヘッドハンティング」などがあり、その為のネットワーク作りとスキル形成が重要である。

達成への取組み

  • 目標が設定されると、実行のフェーズに移る。
  • ここでは目標(志の存在そのもの)が「精神的な支え」「周囲を巻き込む」「心のアンカー」としての役割を担っている。
  • 「精神的な支え」として、志が難局に差し掛かった際にも乗り切る事ができる。
  • 「周囲を巻き込む」として、企業理念やビジョンとなりその考えに共感する人たちとの協力関係を構築する事ができる。
  • 「心のアンカー」として、自分は何のために今の行動をしているのかという方向を再確認して目標を見失わない役割をはたす。

取り組みの終焉

  • 取り組みが終焉する時は「モチベーションの限界」「活動の継続が事実上不可能」になったことを意味する。
  • その中には、「やりきった」という思いや、新たな志が生まれることなどが含まれる。
  • 一方で、ビジネスの失敗などの外的環境の変化もある。
  • 自分の意に反して終焉を迎えるときは、心の決着を付け、志の終焉を迎える勇気を持つことが次に進む一歩となる。
  • 「一定の期間、人生をかけてコミットした目標」の終焉が客観視にループし、新たな志を醸成していくのである。

ポストコロナの学び直し

社会人3年目、25歳になったあなたへ。

ちょっと想像してみてください。
今から5年後、30歳のあなたは、
どこに住んでいますか?
今と同じ仕事をしていますか?
あなたの隣には誰がいますか?

もし、20歳の時に考えた25歳の自分と今の自分が違っていたら、
きっと30歳のあなたも想像した自分と違っているかもしれません。

参加を申し込む

コメントを残す